ブログ

『ウェルテルの恋』配信!

韓国の話題のミュージカルの配信が

少しづつ実現してきて嬉しいところですが、

今回は、韓流ぴあが送る

「Kミュージカルシネマ」の第3弾として

『ウェルテルの恋』の配信が決まりました!

ミュージカル『ウェルテルの恋』は、

韓国では今年の9月から11月1日まで

『ウェルテル』というタイトルで上演されましたが

ドイツの文豪ゲーテの小説

「若きウェルテルの悩み」を原作に、

韓国独自の情緒を盛り込んで、

美しくも悲劇的な愛の物語として誕生させた

韓国の創作ミュージカルです。

2000年の初演以来、繰り返し再演され、

これまでにもチョ・スンウ、ソン・チャンウィ、

パク・コニョンにオム・ギジュンといった

ドラマでも活躍している

日本でもお馴染みの

そうそうたるミュージカル俳優たちが演じてきた演目で、

ドラマチックでロマンチックで、

韓国人にとても愛されている作品です。 

『ウェルテルの恋』は、

青年ウェルテルの激しい片想いの顛末を描いた作品で、

胸が高鳴るような愛の訪れ、

受け入れてもらえない苦しさ、

切ないと言う言葉では足らないような狂おしい思い、

そうした一人の純粋な男の熱く切ない愛の物語が

甘美なメロディーで綴られていきます。

クラシカルな情緒があり、

美しくメロディアスなミュージカルで、

韓国のドラマチックなミュージカルが好きな人に

向いている作品です。

緊張感にあふれていてテンションが高く、

ロッテにウェルテルに、

結婚相手のアルベルトという

3人の激情のぶつかり合いは、大きな見所です。

今年は『ウェルテルの恋』初演から

20周年という記念の年でしたので、

ウェルテル役に5人がキャスティングされて

先日ソウルでの上演が終了したばかり。

5人のうち、

今回が2度目となるウェルテル役に

挑戦したSUPER JUNIORのキュヒョンと

ミュージカル俳優KAIの

2バージョンが配信されます。

チケットは、11月13日(金)より発売開始。

記念すべき哀切の大作をぜひお見逃しなく!

これも11月28日(土)の夜20時から

オンラインで解説の会を行います。

こちらのご案内はまた次の記事で!

 ⇨『ウェルテルの恋』解説の会&感想大会やります

関連記事:『ウェルテルの恋』プレスツアーに行ってきました

     『ウェルテルの恋』鑑賞

     『ウェルテルの恋』プレスツアーリポート チョン・ドンソク編

     『ウェルテルの恋』プレスツアーリポート キム・ダヒョン編

以下プレスリリースを載せておきます。

~韓流ぴあ Presents Kミュージカルシネマ~
ミュージカル 「ウェルテルの恋」 オンライン配信

◎日程 : 2020年 12月 5日(土) ~ 12月 16日(日)

◎チケット発売期間:2020年11月13日(金)10:00~

◎配信チャンネル : PIA LIVE STREAM
 ●PIA LIVE STREAM
  12月5日(土) 13:00~16:00 KAI
  12月5日(土) 19:00~22:00 キュヒョン
  12月6日(日) 13:00~16:00 キュヒョン
  12月6日(日) 19:00~22:00 KAI

◎出演者 : キュヒョン、KAI

◎料金:1公演 5,800円(税込)/
    2公演パッケージ 7,500円(税込)
    ※ 1購入1ビュー

◎主催:ぴあ(株)/ 協力:CJ ENM co., Ltd

◎公式ホームページ:piakmusicalwerther.com

◎お問合せ: TEL:017-718-3572 / 

Email:event@linkst.jp (平日10時~18時)
※配信当日は、配信終了後、1時間程度まで対応予定  

【作品紹介】


『ウェルテルの恋』
ミュージカル『ウェルテルの恋』は、
ウェルテルとシャルロッテの崇高な愛の物語を扱った
ゲーテの小説『若きウェルテルの悩み』が原作です。

キャラクターとの高いシンクロ率と
演技力を持った俳優たちが集まった20周年公演は、
一つの水彩画のような舞台と、
バイオリン、チェロ、ヴィオラなどの弦楽器を中心に
室内楽オーケストラが演奏する
叙情的な旋律が特徴的です。

フォーマット化された西洋のミュージカル技法とは違い、
ストーリーや舞台などが韓国の感性に合わせて作られ、
創作ミュージカルの一線を画した力作と評価されました。
韓国を代表するクラシック音楽と位置づけられています。

ミュージカルのメッカである
ニューヨークのブロードウェイ、
ロンドンのウエストエンドでも一つの作品が
20年間リバイバルされたものは、
数えるほどです。

特に2000年代のミュージカル興行ブーム以降、
韓国ミュージカル市場に出てきた
数々の創作・ライセンス作品の中でも、
『ウェルテルの恋』は、
創作ミュージカルとして長い期間愛され、
グローバルコンテンツとしても成長した
リーダー的な作品です。

【キャスト紹介】

キュヒョン


2006年SUPER JUNIORのメンバーとして活動を始める。
2010年に初主演した『三銃士』で注目される。
『笑う男』『モーツァルト!』『あの日々』など、
深みのあるキャラクター分析からくる繊細な演技で、
観客と評論家から高い評価を受けてきた。
『ウェルテルの恋』は、2015年に続き2度目の舞台となる。


KAI


2008年ミュージカルデビュー。
『ファントム』『レベッカ』『ベンハー』
『エクスカリバー』『フランケンシュタイン』など、
さまざまな大作ミュージカルに出演している
実力派ミュージカル俳優。

『ウェルテルの恋』を通じて、
純粋な心と熱い情熱を持つウェルテルを表現し、
新たな一面を披露する。
今まで見たことのないロマンチストなウェルテルの誕生に期待。

関連記事:『ウェルテルの恋』プレスツアーに行ってきました

     『ウェルテルの恋』鑑賞

     『ウェルテルの恋』プレスツアーリポート チョン・ドンソク編

     『ウェルテルの恋』プレスツアーリポート キム・ダヒョン編

☆☆☆☆☆

LINEで私とつながりませんか?
韓流ツアーや韓流サロン開催などの情報をダイレクトにお届けします。

友達になる

☆☆☆☆☆

会員制韓流コミュニティー「韓流ライフナビ」についての
詳細や申し込みは以下をご覧ください

韓流ライフナビ」ってどんなことしてるの?

☆☆☆☆☆

2020年11月12日執筆