ブログ

ミュージカルツアー

またまた行って来ました【韓国ミュージカルツアー】①

昨年クリスマスに行ったツアーの

いわばアンコールツアー的な位置づけの今回の旅、

『ジキル&ハイド』と『エリザベート』という

チケットの取りにくい人気演目を今回も

見てきました!

 

今回の参加構成は、

初参加の方が12人、

リピーターさんが6人でした。

うち3人は12月にもお越し下さった方々で、

もう一度観たくて~と再参加してくださいました(^^)

 

こうした慣れているリピーターの方が

初参加の方をフォローしてくださるので

ありがたいんですよね!

 

初日の8日は4時半にホテルロビーに集合して

12月に行ったのと同じレストランへ。

このビルの2階にある韓定食の店「サンドゥルヘ」です。

(このお店について紹介している前回の記事はこちら

 

で、ちょうどこのとき道路で映画の撮影をしてました。

運転席に男優さんが乗っていましたが、

残念ながら顔は見えなかったですね。

撮影に遭遇するなんて、

皆さん初っ端からテンションが上がる体験でした^^。

 

そして毎度おなじみの作品解説です。

手作りの人物相関図で

まず登場人物の人間関係を把握していただき、

物語の詳細語りへ~。

 

そして、いざ劇場へ!

初参加の方はこの大型バスにも驚いていました^^

バスで移動できるってなんて楽なんだろう~と

実感できる瞬間ですね。

とくに冬は外が寒いからありがたいです~。

 

そしてこの日のメインイベント!

レジェンド、チョ・スンウの『ジキル&ハイド』です。

 

韓国で『ジキル&ハイド』は2004年の初演から大人気で

繰り返し上演されてきた演目ですが、

その人気の立役者が、

初演から何度も主演を務めて来たチョ・スンウ、その人なのです。

 

チョ・スンウは映画の『マラソン』『インサイダーズ/内部者たち』を始め、

ドラマでも『馬医』や『秘密の森』、最新だと『ライフ』など

お茶の間でもおなじみなので大衆的な人気もすごく、

とにかくチケットが取りにくい貴重な舞台です。

 

事前の解説で、

ハイドに変身したジキルとルーシーという踊り子が

絡み合うシーンは私の個人的な見どころポイントです!

とお伝えしたら

皆さんその場面は全員オペラグラスでガン見するので、

あまりオペラグラスを使わない韓国観客の中にあって

センターの横1列全部が

一斉にオペラグラスを覗いている図というのは

けっこう目立って笑えたと思います(爆)

 

で、この日のチョ・スンウが素晴らしかったです。

私は12月も見ていて、その時も、

色気があるし、

細やかな表情変化を見せる芝居が面白いし、

さすがチョスンウだなと感じましたが、

今回はそこからさらに歌も演技も磨きがかかっていたんですよ。

12月にも見たリピーターさんたちと顔を見合わせて

幕間に「すごくなってる~!」と

興奮冷めやらぬ感じ。

「あ~やっぱり見に来てよかった~!」

と大感激してました。

 

哀愁が感じられる湿り気と微妙にハスキーになる歌声。

ほころぶ笑顔がチャーミング。

オープニングからこんなに飛ばして最後まで持つのかな

なんて思ってしまったほど。

でも最後まで声の伸びがよくパワフルでした。

そして、ちょっとした仕草が格好いい!

ずっと表情を追っていたくて双眼鏡が手放せなかったです。

絶賛されてるベテランなのに、

まだ伸びしろがあったとは‼

さらに高みに行ってすごいです!

 

これだから生の舞台は通わないとだわ~と実感。

初めての方も、そんなハイレベルの舞台だったので大興奮!

「すごかった~」という思いを吐露し合うべく

感想大会へなだれ込みました。

時刻は既に夜の11時30でしたが、

晩ごはんをあれだけ食べたのに、

すごい舞台を集中して見ていたせいか、

おなかが空くんですよね。

というわけで、

普段だったら夜中にあるまじき行為ですが(^-^;

今は祭り中だから~と自分に言い訳して

チキンとじゃがいものジョン、そしてマンドゥを注文して乾杯~!

 

今回はここでようやく皆さん自己紹介をして

「あ、同じ人のファンだ!」

ということが判明してました(笑)

 

初めて韓国ミュージカルを見た方は

迫力の舞台に衝撃で度肝を抜かれてました。

翌日にはまた毛色の違う『エリザベート』と

キャスト違いでホン・グァンホの『ジキル&ハイド』を

見るということで、

最終的な感想は翌日に持ち越しです~。

 

 

次の日のレポに続く…

 

 

2019年2月11日執筆