ブログ

韓国ミュージカル

KAI×LEOミュージカルコンサート

GWのことになりますが、

KAI×LEOミュージカルコンサートが日本で開かれました。

KAIさんは今年1月にもミン・ヨンギさんと

凸版ホールでのマイクレスのクラシックコンサートを

やっているので今年2度目になりますね。

 

2人ともカジュアルスタイルで登場。

LEOさんは、

「カイヒョンから学べることが多いので一緒にできて光栄です」

KAIさんは

「テグン、レオ君に会うたびにエネルギーもらえるし僕の方こそ光栄です」

と両者ともに褒め合い合戦(笑)

これは最後までそうでした!

写真ⓒ韓流ぴあ

話が、共演で同じ役を演じた

『ルドルフ・ザラストキス』の話になったときも

「台本練習で感じたのはルドルフは葛藤が多いキャラクター。

それをKAIヒョンは体で感じていると思いました。

なので僕ももっと体で感じて、一曲一曲を

体に染み込ませるように歌おうと意識してやりました」

とLEOさんが言えば、

 

「LEO君は憂愁を帯びた演技がカッコイイ。

ルドルフの葛藤がLEOのそんな眼差しに合っていると思いました」

と言い合って、またここでも90度のおじぎをし合っていました。

 

あまりに褒められてLEOさんが「アイウ~」と

思いっきり恥ずかしそうに照れる場面もあって可愛かったです。

 

こんなやりとりもありました。

LEOさんが「昨日感動しちゃったんです。

バンドとの音合わせを終えてホテルに戻ってKAIヒョンと

カカオでやり取りした時、

「ずっと一緒にできればいいな~」

とコメントもらって感動しちゃいました」と言うと、

 

ここでKAIさん、柔和な顔してちょっと爆弾発言。

「実は、もう二度とやりたくない人もいますけど、

LEO君とは社交辞令でなく本心でずっとやりたいと思います」

って言ってました。

いるんだやっぱり2度とやりたくない人も(汗)

 

 

時に、このコンサートで印象に残ったのは

KAIの熱唱とLEOの茶目っ気。

写真ⓒ韓流ぴあ

KAIさんは『フランケンシュタイン』から

「私は怪物」を歌った時、

芝居の世界に入り込んで、

高まった自分の感情を

どう表そうかもどかしそうに、

感情を持て余すかのように手ぶりを大きくして熱唱していて

すごかったです。

 

『ジキル&ハイド』から「時が来た」を

日本語で歌ってくれたのも、

これもクリアーボイスで発音も正確で心地よかったです。

とにかくどの曲も渾身の熱演状態で

思わず「すごっ!」とうなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


写真ⓒ韓流ぴあ

LEOさんは一生懸命にしゃべる日本語がとにかくかわいい。

段取りを一瞬勘違いしたとき、プチパニック状態になって

「今、すぐ曲ですよね、コメントかと思っちゃった…」と

そんな慌てた自分にウケて座り込んじゃったのも可愛かったです。

 

「作品を通して一歩一歩進めたのは

皆さんがそばで見守っていてくれるおかげです。

今、新しい活動を準備してます」

と言ったのに客席の反応がピンとこなかったのか、

「気になるでしょ? 別に…気にしないんですか」

と寂しそうにするとファンが慌てて拍手(笑)。

「やっぱり知りたがってくれることが

僕にとって喜びですからずっと気にしててください」

とファン心をキュっとつかむことを言いますし、

 

「『エリザベート』見てくれましたか?

僕には特別な作品でした。

絶対にやりたいと思いました。

僕の足りないところを見守ってくれたみなさんのおかげで

できたと思います」

と言って常にファンへの感謝を忘れません。

 

実際の『エリザベート』の公演を見ましたが、

LEOさんはすごくトートの役に合っていて

とっても魅力的でした!

 

そんなこんなで、

KAIさんのクリアーなハイトーンボイスと

LEOさんのハスキーボイスの味わいとが堪能できる

コンサートでした^^

 

このコンサートの模様は衛星劇場で7月に放送予定です!

 

 

関連記事:KミュージカルシネマMATAHARI special上映会&コンサート

 

2019年5月16日執筆