ブログ

ミュージカルツアー

8月のミュージカルツアー報告①

 

8月のミュージカルツアーも
無事に終了~。

 

今回も見た作品は7月と同じ
『フランケンシュタイン』と『笑う男』でした。

参加者は全部で11名。
リピーターさんが5人で初参加の方が6人。

どうしてももう一度パク・ヒョシンを見たい!
という方が7月に続いてご参加くださいました。
この方は前回初めて韓国ミュージカルを観た方なのですが、
すっかりハマってしまわれました^^。

ツアーは24日からスタート。
いつものように夕方5時にホテルロビー集合して
晩ごはん会場へ。

今回はブルースクエアに歩いて行けるホテルでしたから
食事どころも、
行く途中にちょうど焼き肉のおいしいお店があるので
そこで食事です。


まずは恒例の自己紹介タイム。
これで皆さん「誰が好きで~」
ということをカミングアウトしてもらうので
グッと距離が縮まって仲良くなれるんです。

好きなKPOPスターが兵役に行ってしまったので
このあいだにミュージカルという新たな扉を開いてみようかなと
参加した方や、

 

私がいつもおススメするドラマの好みが同じなので
きっとミュージカルも好きになるに違いないとの予感で
来てくださった方、

 

ミュージカルには高尚なイメージがあって
超入門ではずかしかったから
これまで参加を躊躇していたけれど
思い切って参加しましたという方

 

今回観る作品に魅力を感じたのと、
私に会ってみたかったから(笑)という参加動機の方も
いらしてくださいました。

 

そして『フランケンシュタイン』の解説です。
人物相関図を使って
一場から順に最後までを説明していきますので
結構時間がかかります。
小一時間解説していざ劇場へ。

 

 

今回見たのはこのキャスト
韓国ミュージカル界の皇帝リュ・ジョンハンと
日本で『ミス・サイゴン』のジョン役で出演したパク・ミンソン ペア

 

 

これがまた素晴らしい舞台でしたから
「なんかあっという間に終わってしまった感じです~」
「すごく集中して引き込まれました~」
「歌の迫力がすごい~」
という感想が飛び交いました。

この日はちょうどパク・ミンソンさんの千秋楽だったので
カーテンコールのところで挨拶があり、
和やかなひと幕が見られたのもおいしかったですね。

 

そして、この日は歩いてホテルに帰ればいいだけでしたので
皆さんにリュ・ジョンハンさんの
出待ち体験もしていただきました。

けっこうな人数の出待ちファンの中に混じって
待つこと40分くらいでしょうか。

現れたリュ・ジョンハンさんの姿と、
一人一人に握手してくれる対応を見て、
舞台での強烈なパフォーマンスと
出待ちの時の柔らかな物腰とのギャップに
皆さん「うわぁ~、すてき~」と
すっかり持っていかれていました。

この時すでに時間は12時くらいでしたが、
この観劇の興奮を語らずにはおられないということで
ここから、ホテルに戻る途中にある
24時間営業のソルロンタンの店で
1時間ほど感想大会です。

 

最後の終わり方に関する感想や
一人二役の面白さ、俳優たちの魅力など
さまざま語りあって

1時に解散して一日目が終了しました。

 

ミュージカルツアー報告②に続く…

 

 

2018年8月28日執筆