ブログ

韓流

韓国~のんびり癒し旅江華島&仁川・ソウルツアー報告②

 

ツアー2日目は

東大門のホテルを出発してバスで江華島へ。

江華島は古代遺跡や史跡が多いことから

屋根のない博物館と呼ばれていますが、

そこで世界遺産に指定されている

「江華支石墓群(カンファコインドル)」に行きました。

日本の飛鳥の石舞台古墳みたいですね。

ところで、ツアーガイドさんがとっても面白い方で

バスで移動中にもいろいろとお話をしてくれました。

ちょうど娘さんの彼氏が軍に入隊中ということで

リアル軍隊のお話を。

この4月から軍でも携帯電話が使用可能になり

娘さんは毎日電話してるのだとか。

また軍人さんも美容に気をつかってるので、

パックを差し入れしてあげたら軍人仲間で使ってるそうで、

なんだか想像するだけで微笑ましいです!

お昼ご飯は江華島名物カンジャンケジャンでしたが、

その前に、レストランの近くに話題のカフェが

あったので、急きょそちらに立ち寄ってもらうことに。

 

「朝陽紡績(チョヤンパンジク)」カフェ。

去年行ってとっても素敵だったので

時間的に余裕があったので行けてよかったです!

名前の通り旧市街地にあった紡績工場を

カフェに改装したので、

とにかくだだっ広くて

レトロな置物があちこちに置いてあって

なんともステキな空間です。

 

去年の7月にオープンして以来

凄い人気になったカフェですが、

中に入るや否や、

参加の皆さんのテンションが上がりました。

ここはスイーツもおいしかったですが、

なにせご飯前だったのでドリンクだけ。

ハンラボンのジュースも果肉の粒々が

たっぷり入っていて美味しかったです!

 

お店の場所などはこちら ↓

https://www.siksinhot.com/P/1038193

 

そしてお昼~。

 

川カニのカンジャンケジャンのお店「クックァホス(菊の花の湖)」

川カニを使うのは珍しいのだそうで

川カニのカンジャンケジャを食べられるのは

ここだけだそうです。

お店の方が、

カンジャンケジャンの一部をご飯に乗せて

混ぜ混ぜしておいしく作ってくれました。

 

お店紹介はこちら ↓

http://www.menupan.com/restaurant/onepage.asp?acode=H492038

 

今回のソウル・仁川・江華島癒し旅は

ドラマのロケ地も訪ねるので、

前もって課題図書ならぬ

課題ドラマをお伝えして見てもらった作品が

『医心伝心~脈あり!恋あり?』と『トッケビ』でした。

今日の午後のメインは、

その『医心伝心』の中でキム・アジュンの祖父が営む

「恵民署医院」として登場した撮影場所、「大明軒」です。

完全予約制なので貸し切りです!

オーナーの崔さん手づから、

大明軒ならではの蕪(カブ)とヨモギの葉っぱの

ブレンド茶を淹れていただきました。

 

90年の歴史がある韓屋は

どこも手入れが行き届いていてすごく素敵!

ドラマで使われていた小物も

そのままにしていて下さっていて、

ここでキム・ナムギルが掃除してたわ~、

ここで診察してたわ~、

この縁側に座ってたっけ~と

ドラマの名場面がよみがえってきます~。

居間の隣のお部屋でキム・ナムギルさんは台本を読んでましたよ~などなど、崔さんが撮影中のエピソードもお話しくださいました^^

 

 

市場にも立ち寄りました~。

 

江華島だけに海産物系が豊富でした。そして韓国のお盆の秋夕(チュソク)直前だったので、法事用の乾物や食べ物がセットで売られていました。

市場だけに、量が多すぎて皆さんあまり買っていませんでしたが。

 

 

市場の次は江華島名産ヨモギ専門店に行ってよもぎの足浴を体験しました。

足浴と言ってもお湯に浸かるのじゃなくて

よもぎをたいたスチームの中に足を入れるというもの。

あったかくてリラックスできて足の疲れも取れた感じです~。

 

 

そして、いよいよ今回の旅のメイン!

最高級韓屋ホテルの

慶源斎アンバサダー仁川ホテルへ。

外観も建物の中も本当に素敵です。

このホテルでは『トッケビ』をはじめ

『カネの花』『ミスティ』『偉大な誘惑者』

『プアム洞の復讐者たち』などなど

様々なドラマが撮影されています。

5つ星の最高級ホテルでとにかく佇まいが素敵。

室内はモダンで最新設備が整えられているので快適です!

30室しかないので

団体は予約が取りにくいんですよね。

私はこのホテル3回くらい見学に来ていますが、

泊まるのは初めてです。

運よくスイートルームが空いていたので

『トッケビ』の撮影が行われたスイートルームの中を

見学させていただけました。

さすが、広いです~。

 

でも私たちが泊る一般のお部屋も

もう十分すぎるくらいに素敵です。

ちゃんとヒノキのお風呂が付いていましたし^^

 

一息ついてから

新都市ソンド(松島)の運河を巡る水上バスに乗船。

ちょうど夕景から夜景に変わるときで

幻想的でした。

「あの電話ボックスの隣のベンチが

『トッケビ』の最終話でコン・ユが座っていた場所ですよ!」

とガイドさんが教えてくれて

みんなで「あれ?」「そうだ、あれあれ!」

と言い合いながら写真を撮ったりして

もう終始笑いが絶えません。

エルやイ・ドンゴンのドラマ

『ただひとつだけの愛』のバレエ公演の撮影も行われた

アートセンターもきれいに見えました。

程よくおなかが空いたところで

ホテルの中の「水刺(スラ)」というレストランで

韓定食をいただきました。

素敵な個室での夕食。

「昨日のビュッフェ会場はすごくにぎやかだったから

自分たちの話し声もよく聞こえないほどだったけど

今日は逆に厳かな雰囲気だから小声になってしまうわね~」

などと笑い合いながら、韓流話は尽きません。

食事の後も、

ホテルの隣の敷地が「韓屋マウル」という

韓屋のレストランやカフェが並んでいる場所があるので

そちらのカフェで引き続きおしゃべり。

今日3つ目のカフェでしたけど、

ここも素敵でした!

 

そしてせっかくのホテルライフを満喫するべく、10時に解散して各自部屋に戻ったのでした…。

 

 

ツアー報告その③に続く…

 

☆☆☆☆☆

LINEで私とつながりませんか?

韓流ツアーや韓流サロン開催などの情報を

ダイレクトにお届けします。

↓ ↓ ↓ こちらをクリックしてください^^
http://nav.cx/dY8Ox0K

 

 

 

2019年9月14日執筆