ブログ

韓流

パク・ヒョシンコンサート参戦記

6月から7月にかけての私のトピックスとしては

やはりパク・ヒョシンのコンサートに行ったことでしょうか。

パクヒョシンさんは

ドラマ『ごめん、愛してる』の主題歌「雪の華」の歌手として

よく知られていますが

今ではミュージカル俳優として、

『エリザベート』『モーツァルト』

『ファントム』『笑う男』と大活躍。

押しも押されもせぬトップスターとして

ものすごい人気を誇っています。

私は「雪の華」の時はずいぶんボリューミーな歌声の人だなあ

うまいなあ~という印象を持ったにすぎず、

とくに聞き込むということもなかったのですが、

『エリザベート』に出演した時、

あまりにも私好みの幽玄でミステリアスなトートだったので

一発で落ちまして、

そこから彼のミュージカルは何度も通っているのです。

そんな彼のアーティストとしての本分であるコンサート。

まずチケット取るのが半端なく大変でした💦

売り出しの日はインターパークにつながりもせず

サーバーダウンでしたから(泣)

というわけで、そんな苦労の末に

6月30日に参加しましたが、

4時間に渡るコンサートは

それはそれは華やかで、工夫に満ちた

とっても美しい舞台でした!

そんな豪華さの中にあっても

彼の歌声は染み入るように響き渡り

ざざーっと寄せては返す波のように

心地よく聴く者の五感を

満たしてくれる歌声を堪能できて大満足でした!
本当にこの人は

得難い特別な人なんだなぁと

見ながらしみじみ思いました。

で、このコンサート全部で6回やっていたので

後半の7月11日にもう一度行きました。

しかし、前回と違うのは、

なんと、私の席はスタンディングだったのです~。

つまりずっと立ってるわけですが、

パクヒョシンさんのコンサートは

とにかく長いっ!

基本4時間ですから。

大丈夫かなあ私~と緊張しながら、

まずは腹ごしらえをと

1人でオリンピックパークホテル地下一階の韓式レストラン

「阿羅梨(アラリ)」で腹ごしらえ。

でもこんなに出て11000ウォンでびっくりでした。

 

 

スタンディングの場合は、

開演1時間半前からまず並び、

番号順に列を作って入ります。

その前に腕にスタンディング者向けのテープを

巻いてもらいました。

私は知り合いのアドバイスで

あえて後方のフェンスに寄りかかれる場所を

ゲットしました。

その場所は後方ですが、

6月に見たときに

2度ほどパク・ヒョシンが通る場所でしたので

頑張って立っている甲斐もあるかなと思いまして(^-^;

 

そして

8時に始まり深夜1時に終わったので

コンサート自体が結局5時間!

その後出待ちもしたので(笑)、

前後を含めて8時間立ちっぱなしでした。

足腰は少々辛くて屈伸とかしたかったけど、

トイレも行かず頑張った~。

やればできるっ!って、

一度で十分ですが(^o^;)

ちなみに出待ちまで終わったのが2時過ぎ。

私は終電がなくても

歩いて帰れる公園内の

オリンピックパークホテルに泊まりましたが

地元の人たちはどうやって帰ったんだろう?

なんだかすごい夏休みっぽい体験でした!

 

2019年7月29日執筆