ブログ

韓流

『SKYキャッスル』ショーケース!

 

5日に、衛星劇場で日本初放送の超話題のドラマ

『SKY キャッスル』のショーケースイベントで

司会&トークしました。

このドラマは、

上流階級の韓国受験競争のすさまじさを

赤裸々に描いていく、

社会諷刺&ミステリーなドラマで、

これを見ると韓国社会の生きづらさなど

よくわかる作品なんですよ!

 

 

 

 

 

しかも、「ええっ!?」となってしまう驚きの展開なので

先は読めないし気になるしで

目が離せません。

視聴率が『トッケビ』を超えての23.8%というのもうなずけます。

 

で、この日は5月からの本放送に先駆けて

第1話を大スクリーンで見て

「韓国TVドラマガイド」責任編集者の高橋尚子さんと

見どころトークをしたわけですが、

 

作品にちなんで「そこまでやるか!」の

エピソードを募集したところ、

身体をはったエピソードの数々が

送られてきまして、

皆さん命懸けだなあと(^^;

KPOPのコンサートで

武道館の2階席から落ちそうになったとか

 

押しが軍隊に入ったのでその追っかけで38度線まで行って

夏は熱中症になったり、冬はマイナス23度の中まつげが凍ったりと

大変な経験をしたとか…

 

皆さんすごすぎて

自分がとっても普通に思えました(爆)

そうしたらスタッフから

「感覚がマヒしてるようですが

全然普通じゃないですから」

と突っ込まれました(爆)

 

私とか尚子さんは、

割と好きな気持ちを仕事に生かす方向のやりすぎエピソードでした。

私は、『チェオクの剣』が好きすぎて

どうしてもイ・ジェギュ監督から話を聞いてみたいと思って

出版社に企画を持ち掛けて『チェオクの剣』の撮影裏話の本を出版したりとか、

『シンイー信義ー』が好きすぎて、

ソン・チナ脚本家が書いた小説を日本語で読みたくて

これも出版社にお勧めして日本出版にこぎつけたという感じでしょうか。

 

まあそもそも私の最初に出した書籍も

韓国エンタメが好きすぎて現場の人たちに話を聞いてみたくて

出版企画を出版社に持ち掛けて実現しているので

なんか、やることが一貫してますね(笑)

 

ちなみにそれらの書籍はこちらです。

 

 

 

関連記事:ドラマ解説『SKYキャッスル』

 

 

2019年4月9日執筆