ブログ

韓流

シニア・ナビのトークイベント

今日は
「シニア・ナビ」というサイトのオフィシャルイベント
第1回『田代親世のシネマdeランデブー』でした。
これは、一本の作品を取り上げて
皆さんで感想を語り合うというイベントですが、
第1回の作品は、
『冬のソナタ』でおなじみのユン・ソクホ監督が
初めて映画に挑戦した日本映画の『心に吹く風』。
この手の語り合いだと
女性ばかりというイメージですが、
なんと今回は男性の方が多いという参加者構成でした!

思えばこの映画は昨年の公開時に
試写会をした時にも
奥様に連れられてきたであろう男性の方が泣いていたり
ユン監督のトークにも食い入るように聞き入っていたりと
男性受けがとても良かったんですよね。
今回も、

「韓国ドラマだと女性が中心なので
なかなか敷居が高いけれど、
今回は『心に吹く風』だったので申込みしました。
とてもいい映画でしたから」
というご意見がありました。

あとは、自己紹介を聞いてみますと、
妻の影響で韓国ドラマを、
娘の影響でKPOPを見るようになってます
という方や
韓国ドラマも好きだから韓流のお話を聞きたくて
とか、
アメリカ生活が長くて欧米文化になじみがあったけど
韓国映画も好きです。
ということで、
やはり男性も語りたいんですね〜。
しかしいつもと違った雰囲気で新鮮でした(^^♪

 

でも皆さん語るときに
楽しそうないい表情をなさるんですよね。

映画の感想を語るときも、
今回お題に上がったので昨日妻と見ましたが…
と前置きされてから、
「映像がきれいで映画の中で流れる情緒に、
忙しく仕事をしてきて忘れていた感覚が蘇ってきました」
とか、
シニア・ナビスタッフの男性も感想を述べたい!
とうことで、
「男は過去の美しい思い出をいつまでも引きずってるけど
女性は未来を見ていると感じた、号泣した~」
というご意見もありました。
韓流好きな男性は基本的にロマンチストですよね。
それとも韓流を見るとそうした思いが目覚めるのかしら…?
映画のこと以外にも、
「これまでに見たベストドラマを教えてください」
とか、
「ハードディスクがいっぱいになって妻に怒られている」
とか、
「妻や娘とは好きなドラマが違うので、
自分は夜中に倍速で見てます」
とか、
もう女性たちと変わらないすごく共感するお話でした(笑)
でも韓流を通して
ご家族とも良いコミュニケーションが取れている
微笑ましい感じが漂っていました!
2018年9月8日執筆