ブログ

韓国ミュージカル

2018韓国ミュージカルフェスティバルin東京

「田代親世の韓国エンタメナビゲート」
にお越しいただきありがとうございます。
(田代親世のプロフィールはこちら

 

 

 

「2018韓国ミュージカルフェスティバルin東京」

5月の24~27まで、
東京で上記イベントが開かれます。

 

韓国の大学路で公演されている小劇場ミュージカルと
セリフなどがないノンバーバルミュージカルの上演。

そして大劇場で活躍するミュージカル俳優を招いての
ミュージカルトークショーが行われます。

 

ノンバーバルは私の中では
ミュージカルとはちょっと違うと思っているので、
ここでご紹介するのはミュージカル作品に限ります。

 

上演作品は

『キム・ジョンウク探し』

 

『愛は雨に乗って』

 

『1446』

 

『ミュージックドラマOnly You』

 

いずれも今回は30分から50分のダイジェスト版上演です。

 

この中で私が見たことがあるのは

『キム・ジョンウク探し』と『Only You』ですが、

 

『キム・ジョンウク探し』はラブコメです。
初恋の相手を調査員とともに探していくうちに
2人の間に芽生えてくるほのかな感情~という、
気軽に楽しく、そしてほのかな切なさも漂います。

日本版も何度も上演されてきましたし、
コン・ユ主演で『あなたの初恋探します』という映画にも
なっていますのでご存知の方も多いでしょう。

※ちなみに以前に見た本作品の舞台の感想は こちら

※あらすじの参考になるかも、映画の解説は こちら

 

 

『ミュージックドラマOnly You』は、
去年でしたか、
やはり観光公社のイベントで上演したので観に行きましたが、
男女が結婚して夫婦になって子供ができて老後を迎えて~
という家族史をその年代年代を切り取りながら
歌に乗せて綴られていきます。
賑やかなやり取りを見ていくうちに
じんわりとした最後を迎えるという感じの作品です。

90年代に韓国でヒットした数々の名曲が
劇中に織り交ぜられるのですが、
私はこの辺の懐メロを知らないのと、
あとこれはセリフがものすごく多いので
字幕を追うのが大変でした。
しゃべり倒すような作品なのです~。

結婚されている方なら共感度も高いのかも。
しかし私は違うので(^-^;、

これは韓国でもタブレットを借りての
日本語字幕サービス有りで上演されています。

 

『愛は雨に乗って』は
日本版が上演されたこともあります。

タイトルは『サ・ビ・タ』として有名ですが、
大学路でロングランでいつも上演しているので
いつか見ようと思いながらも
期限のあるほかの作品をつい優先してしまっていたので
ぜひこの機会に観ようと思います。

 

 

『1446』は昨年の10月に1週間のトライアウト公演が行われ、
今年の10月に本公演が行われる予定の作品。
ハングルでおなじみの
世宗大王を描く時代劇ミュージカルです。

これはぜひ見ておきたいですね。

他の3作品は現在大学路で絶賛上演中ですが、
『1446』はこの来日公演のためだけに
チームが編成されて来日するのでしょうか?

なのでこれだけ2日間にわたって3回上演がありますが、
贅沢です。

26日は50分バージョンですが、
27日は30分バージョンになるのでそこはご注意を!

 

最終日の27日は
カイ&キム・ソヒャンによる
ミュージカルトークショーもあります。

カイは声楽出身のノーブル派ですが、
去年は『ベンハー』や『ザ・ラストキス』での熱演も印象深いですし、
今夏は『フランケンシュタイン』で怪物を演じるという具合に
ここ数年で、歌のうまさだけでなく
演技力も高く評価されて
メキメキと注目度がアップしてきた人です。

 

キム・ソヒャンは
『マタハリ』でのタイトルロールや
『ザ・ラストキス』のマリー役などでも出演。
ブロードウェイでも活躍している人です。

カイとは『ザ・ラストキス』で共演したばかりですから
その辺のお話も飛び出すのかなと思います。

しかしせっかくお二人が来るのだから
トークだけでなく
1~2曲歌ってくれると嬉しいけれど
どうでしょうね?

 

これらの公演は応募制の無料イベントです。
4日間7公演で750組1500人ご招待です。

応募締め切りは5/10日まで

詳しいスケジュール&申し込みは
以下をご参照ください。

https://k-musical-fes.jp/

 

 

2018年5月4日執筆