ブログ

韓国ミュージカル『英雄本色』(男たちの挽歌)感想

この冬、期待半分、心配半分で楽しみにしていた

創作ミュージカルの『英雄本色』。

香港映画の、日本タイトル『男たちの挽歌』のミュージカル化です。

韓国は映画でもリメイクしているくらい大好きな作品なんですね。

かくいう私も韓国エンタメにハマる前は

香港映画が好きで香港に留学までしてしまったほど。

チョウ・ユンファはかつて

私の世界で一番好きな人でもありましたし

『男たちの挽歌』も大好きだったんです。

そんなんですから

最初に映画のテーマ曲に乗って

トレンチコート翻して主人公2人が出てくるところから

もうきゃーってなっちゃいました。

懐かしのメロディーに興奮して

もはや冷静ではいられなくなり

ニヤニヤが止まらない~!

 

舞台版は映像使いがとってもきれい。

水族館や香港の街並みが

デザイン的にも作りこんであってすごくよくて、

韓国にいながら香港を感じた二時間半でした。

 

ワン・ヨンボム演出家とイ・ソンジュン作曲家の

作品なので、キャストもメロディも

ところどころ『ベンハー』とか『フランケンシュタイン』が顔を出しますが、

それもご愛敬ですね。

 

『男たちの挽歌』の曲以外にも

レスリー・チャンの名曲も使われていて

香港映画好きにはたまらないです。

ただ、一回見ただけでは

冷静でなかったこともあり💦

いつものように「なるほど~」という感情で

留まってしまったので、

これはやはりもう一度観ようと思って

翌日のクリスマスに

あんまりクリスマスっぽくないけど見に行きました(苦笑)。

 

開演前、舞台には香港の夜景映像が映し出されているのですが、

その中にビルの壁面スクリーンがあって、

よく見たら密かにレスリーチャンの映像が映し出されていました。

どこまでも香港ファンの心をつかみます~^^。

前日は違う映像だった気もしたけど

毎日違うってことあるのかしら?気になります(^^;

 

内容は香港を舞台に、

ヤクザな世界でいちもく置かれている男と

弟である警察官の兄弟愛と

ヤクザ組織で義兄弟の関係の男との熱い友情を描いた

ハードボイルド香港ノワール。

香港映画の『男たちの挽歌』と『男たちの挽歌2』を

組み合わせて、一部設定を変えて

作られていました。

なので、予習でこの2本の映画を見ていけば

大丈夫です!

 

で、2度めを見たらクセになりそうです。

やっぱり2回目の法則だわ~。

警察のダンスとマフィアのダンスが見応えあり!

背景映像が万華鏡のように自在に変わり、

ときにはだまし絵のような背景にもなってとにかく面白い。

こういうことができちゃうと舞台の可能性が広がりますね~。

兄弟愛、仲間愛がメインの中で、
警察官の弟が元麻薬王の娘に捜査のために近づくけど
愛してしまうくだりが切なくて萌えポイントでした。
映画の名場面がほぼ網羅されていて、
 
なんかもう原作へのリスペクト感が半端ない~\(^^)/
有名な場面が出てくるたびに嬉しくなります。
カーテンコールもカッコいいから
キャーキャー叫んじゃいました(^^;
そして最後の最後まで
ジョン・ウー監督へのリスペクトにニマニマが止まらない~。

 

ユ・ジュンサンが兄でパク・ヨンスが弟というのが

とてもしっくりくる組み合わせでした。

ミン・ウヒョク兄でハン・チサン弟バージョンは、

ハン・チサンが弟というよりも

兄の方が似合ってそうな感じではありましたが

兄にじゃれつく弟っぽさも新鮮でした。

 

これはキャストコンプリートしなくては。

 

これまでプリンス的な役が多かったイム・テギョンが

ヤクザな兄の役ってどうなんだろう?と興味津々。

他にもドラマで活躍してきたイ・ジャンウが弟役にキャスティングされているので、彼のも気になります。

 

映画ではチョウ・ユンファが演じたマーク役の

パク・ミンソンはすごく良くて、

超安定の歌のうまさ。

歌い上げるシーンなど『ベンハー』での「俺はメッセラ」を

彷彿させる感じで大拍手を浴びてました!

出待ちもすごい人だかり。

「うわあ、こんなに大勢、気分いいですね~」とすっごく喜んでいました。

 

また来年見るのが楽しみです~\(^o^)/

 

ただ、映画を知らない方とか、香港エンタメに思い入れがない方にとってはどうなんだろう?

その辺の感想も知りたいですね。

 

 

☆☆☆☆☆

LINEで私とつながりませんか?

韓流ツアーや韓流サロン開催などの情報を

ダイレクトにお届けします。

↓ ↓ ↓ こちらをクリックしてください^^
https://lin.ee/pGg0NLN

☆☆☆☆☆

 

2019年12月30日執筆