ブログ

ミュージカルツアー

韓国ミュージカルツアー『スウィニー・トッド』と『アイアンマスク』

 

ツアーの2日目は、

まずお昼前に集合して

ランチを食べて先に解説してしまい

午後は自由に過ごしてもらって夜に『スウィニー・トッド』を

見るというスケジュール。

豪華なバスでの移動なのでらくちんです^^

 

私は午後も何かを見たいという方々を連れて

『アイアンマスク』を見に行きました。

その他はキャスト違いで『レベッカ』を再び見る方々や

「まだ初心者だから欲張らずに買い物して過ごします~」

という方もいらして思い思いの自由時間。

お昼は

このツアーですっかり定番になったレストラン「タチェ」

プルコギを豊富な葉物野菜でくるんで食べるのですが、

とっても美味しくて、

このあとの観劇に差し障るとわかっていても

ついつい食べすぎてしまうというレストランです。

東大門にもお店があるので

この間はプライベートでも

東大門の「タチェ」に行ってしまいました!

で、ここでもまた『スウィニー・トッド』解説が

長引いて1時過ぎまでかかり

2時始まりの『レベッカ』組は

慌てて劇場に向かいました。

 

で、『アイアンマスク』チームは3時開演なので

ゆっくり地下鉄に乗って狎鴎亭まで。

話に夢中になって

途中で違う路線に行ってしまいそうになったのを

冷静なツアー参加者の方が

「あっちじゃないでしょうか?」

と教えてくれて迷わずにすみました(爆)

『アイアンマスク』がすごく面白かったです!

レオナルド・ディカプリオ主演の映画『仮面の男』の

ミュージカル化なので、この映画を見ていけば

予習はばっちり!

ミュージカルの『三銃士』が好きだった方には

引退した三銃士たちを、

かつて三銃士を演じていた

シン・ソンウやキム・ボムレらが演じているので

本当に三銃士がそのまま歳をとったなあ~

という世界観が感じられます。

ルイ14世の護衛隊長ダルタニヤンを演じていた

キム・ジュンヒョンがかっこいい~‼‼

愁いを帯びた眼差しで

使命に生きている孤高な男という感じで

パリっとした青の制服姿も美しい~。

顔もつやっつやで、前髪もふんわりといい感じ!

私の見た中では『風と共に去りぬ』の

レッドバトラー役を超えて素敵でした!(^^)!

 

『三銃士』での定番の歌も登場するので

なんか嬉しくなります~。

『三銃士』好きにはたまりませんね^^

で、傲慢で嫌なルイ14世と双子の弟の二役を演じた

B1A4のサンドゥルがまたすごく良かったです。

アイドルの域を超えてもうすっかりミュージカル俳優ですね。

2幕での歌い上げなどは「すごい~」と心の中で呟いちゃいました!

1曲の中でルイ14世と弟フィリップが

入れ代わり立ち代わりする曲などは

『ジキル&ハイド』の「対決」のようでした。

 

と既に大興奮となったご一行。

『レベッカ』チームも

シン・ソンロクが予想外に良くて(爆)満足~

と言いながら合流し、

この日の本番である『スウィニー・トッド』の鑑賞へ。

ホン・グァンホとキム・ジヒョンペアで見ました。

復讐に燃える理髪師と人肉パイのお話なので

救いのない不気味な話ではありますが、

随所に表現されるブラックユーモアが笑えるし、

主役コンビの息の合った演技が面白い作品です。

ただ、ちょっとツウ好みの作品かなという気がするので

初めてミュージカルを観るという人にはどうかなあ、

と思ったのですが、

案の定

「『レベッカ』を先に見ていたから良かった。

こちらが先だったら引いていたかも」

とか

「う~ん、一回ではとても租借しきれないです」

というご意見も出ましたが、総じて大好評!

「グァンホさんの声を聞いて、

ああ来てよかったって思いました」

「すごい声量ですね~マイクがいらないみたい」

「あのすごい歌声に鳥肌が立ちました」

「キム・ジヒョンさんがすごいうまかったですね」

などなどの感想がありました。

打ち上げはやっぱりチキン屋さんで!

「一人で観に来ると

終わった後のチメク(チキンとビール)が

できないから、今回は嬉しい~」と。

そういえばこの日の私たちは

晩ごはんを食べる時間がなかったのを思い出し

11時過ぎにようやくありつけたのでした。

しかし、おなかがいっぱいだと眠くなるから

ちょうど良かった~と

どこまでもストイックにミュージカルを観た2日間でした!

 

☆☆☆☆☆

LINEで私とつながりませんか?

韓流ツアーや韓流サロン開催などの情報を

ダイレクトにお届けします。

↓ ↓ ↓ こちらをクリックしてください^^
https://lin.ee/pGg0NLN

☆☆☆☆☆

 

2019年12月18日執筆