ドラマ解説

ドラマ解説一覧に戻る

タイトル スリーデイズ~愛と正義~
韓国放送年 2014年 全16話
演出 シン・ギョンス ホン・チャンウク
脚本 キム・ウニ
出演 パク・ユチョン ソン・ヒョンジュ パク・ハソン ソ・イヒョン チェ・ウォニョン

【 ドラマ紹介 】

『スリーデイズ~愛と正義~』は、ユチョンが大統領警護官に扮して巨大な陰謀に挑んでいくサスペンス・アクションドラマです。

始まりは、地方で起きたある交通死亡事故。被害者は大統領(ソン・ヒョンジュ)の信頼も厚かった政府の要職にあった人物。そしてユチョン扮する警護官の父親でした。そして、危険は大統領にも迫り、3発の銃声とともに行方不明になってしまいます。疑いもなく大統領を守る警護官だった主人公が、父親の死や大統領失踪に関係する謎を怪しみはじめ、やがて、事件の背後には16年前の陰謀がからんでいたことがわかって来るのでした。

ユチョンは一作ごとに新しい姿を見せてくれますが、今回は華麗なアクションを見せているのはもちろん、自分を犠牲にしてでも大統領を守る人間としての、使命感や緊張感、上司との絆といった男気が感じられます。話が進んでいくにつれて、信じたい人を信じられなくなっていく気持ちのゆらぎ、葛藤の演技を見せていき、彼特有の甘さを抑えている代わりに、その分、ハードな魅力が感じられます。一方で、自分のせいで事件に巻き込んでしまった女性警察官ボウォン(パク・ハソン)を必死で守ろうとする姿にも引きつけられます。

脚本は『サイン』『ファントム』のキム・ウニだけに、サスペンスフルで緻密な構成が見どころです。まず、「主人公の父はなぜ死んだのか? 」「大統領を誰が狙っているのか?」「大統領はどこに消えたのか? 」という謎が緊迫した雰囲気の3日間の中で描かれていき、それが明らかになると次のステージのストーリーが3日間。さらに最後は、悪役との息詰まる攻防が3日間と、3段階の“3days”で9日間に凝縮された物語になっているところが緊張感を掻き立てます。おもしろいのは、大統領が単なるヒーローではなく、16年前の事件の罪悪感にかられているという設定。人に限らず、志や信念、正義など、何を守るべきなのかを問われるドラマになっています。

 

この作品が気に入った人は

・同じ脚本家の緻密な構成のミステリー捜査ドラマ
…『シグナル』『ファントム』『サイン

・主人公が謎を解き明かしながら巨悪に挑んでいくストーリーが好きなら
…『追跡者〔チェイサー〕』など