韓国スター列伝

韓国スター列伝一覧に戻る

イ・ジュンギ

1982年生まれ。高校を卒業後、俳優を志してプサンから上京し、数々のアルバイトをこなしながら俳優を目指しました。ソウル芸術大学在学中の2001年からモデルとして芸能活動を始めました。日韓合作ドラマの『スターズエコー』で本格的に俳優デビューし、2004年の草薙剛主演の日本映画『ホテルヴィーナス』の殺し屋の役に2000人の中から抜擢され、映画にも初出演するなど、なにかと日本との縁が深い俳優です。

韓国での映画デビュー作となったのが2004年の『僕らのバレエ教室』。その次に出た『王の男』で、朝鮮時代に王に寵愛された女形の旅芸人を演じました。この作品でのイ・ジュンギの妖艶な美しさが話題騒然となり、映画自体も観客動員1200万人を突破する特大ヒットを記録、イ・ジュンギは‘女よりも美しい男’として大ブレイクしました。

その美しいイメージを生かして出演した「美人はざくろがお好き」の歌で有名になったざくろジュースのCMも大ヒット。2006年はまさにイ・ジュンギ熱風の吹いた年でした。

4月に、けんかの達人の高校生を演じた『フライ・ダディ』が日本で公開予定。また宮崎あおいと共演した『初雪の恋~ヴァージン・スノー』もゴールデンウィークごろの公開を控えています。

また現在、初めて主演を張るドラマ『犬とオオカミの時間』では犯罪組織と戦う秘密捜査員を演じています。

(2010年4月)