ドラマ解説

ドラマ解説一覧に戻る

強力おすすめ

タイトル 秋の童話
韓国放送年 2000年 全16話
演出 ユン・ソクホ
脚本 オ・スヨン
出演 ソン・ヘギョ ソン・スンホン ウォンビン ムン・グニョン

【 ドラマ紹介 】

『秋の童話』は、『冬のソナタ』のユン・ソクホ監督の四季シリーズ第1弾。秋という季節にぴったりな純愛を淡い色彩で、まさしく童話のように描いています。最高視聴率42.6%を記録し、アジア中で3億人が泣いたといわれるほどの不朽の名作にして、『冬のソナタ』の原点ともいえる作品です。

赤ちゃんのときに取り違えられた女性が、14歳のときに本来の親元に引き取られるものの、それまで兄として育った男性と10年後に再会し、互いのことが忘れられず、恋心へと発展していくというストーリー。最初の3話までは、間違いが発覚し、対照的な家庭に戻ることになった少女本人を始め、家族の戸惑いと悲しみが描かれますが、兄と元妹が成人して再会して以降は、愛しているのに愛していると言い合えない関係に陥った男女の、狂おしくも純粋な愛を取り巻く4角関係が描かれていきます。

周囲を傷つけないために互いをあきらめようとしますが、どうしても離れられない心。その恋を目の当たりにして片思いに苦しむ男。そんな登場人物たちの切ない思いがジンジン伝わってきて胸が締め付けられます。

ユン監督は、この相手同士でなければダメなのだという男女の運命性を描くのがうまいです。主人公二人の感性の一致、にじみ出る雰囲気の同化性など、キャスティング段階からのカップリングの妙に加え、幼い頃につむいだ二人だけの思い出、情景などが要所要所に挟み込まれ、忘れようとしても忘れられないまさに魂が恋しがる相手同士というのがひしひしと伝わってきます。

それを印象付けるのが、田舎の畑のあぜ道、川、海、渡し舟、高原、廃校などの情景です。自然豊かな江原道の清らかな自然が、童話のような純粋な愛を引き立てています。

日本で韓流を起こしたのは『冬のソナタ』ですが、台湾や香港など、日本より一足早く韓流が起こっていた国々では、『秋の童話』が韓国ブームの原動力でした。

主演しているソン・スンホン、ソン・ヘギョ、ウォンビンの3人はこの作品で一躍ブレイクを果たし、トップスターへと急成長。ソン・ヘギョはちゃっかりした現代っ子のイメージでしたが、この作品で清純さの際立つしっとりとした万人の恋人になったし、ソン・スンホンには香港映画界からのオファーが相次ぐようになった。そして特に女性ファンの注目を集めたのがウォンビン。初めて愛した女性が他の男を思う姿にもがき苦しむ熱く切ない演技で女性視聴者の心をわしづかみにしました。

今では韓流を代表するトップスターたちの初々しい演技が光る悲しい愛の物語に浸ってください。

 

この作品が気に入った人は

・ユン・ソクホ監督の四季シリーズを網羅するなら
…『冬のソナタ』『夏の香り』『春のワルツ』

・純粋な初恋を描いた作品なら
…『ラブレター』『純粋』『ラブレイン