シェアハウス~男女4人物語 – 田代親世の韓国エンタメナビゲート

ドラマ解説

ドラマ解説一覧に戻る

タイトル シェアハウス~男女4人物語
韓国放送年 2018年 全3話
演出 チョン・ヒソク
脚本 イ・スジン
出演 イ・ジェジン(FTISLAND)ジュニ(LADIE’S CODE) ナム・ユンス イ・サン(IMFACT)

【 ドラマ紹介 】

『シェアハウス~男女4人物語』は、
FTISLANDのイ・ジェジンの初の主演ドラマで、
シェアハウスでともに暮らすことになった若者たちの
愛と友情を描いた作品です。

韓国最高のアイドルバンドのメンバーだったのに
仲間に暴力をふるってバンドを脱退したソンミン(ジェジン)。
同居人たちにも出ていかれ、
広い家に一人きりで閉じこもるように暮らしています。

その生活があまりに寂しくて、
男性限定の条件でシェアハウスの同居人を募るのですが、
やってきたのは寂しそうな人をほおっておけない
貧乏アルバイト生(ジュニ)。
友達の部屋探しのつもりだったのに
いろいろと切羽詰まって、
彼女自身が男装して入居することになります。

イ・ジェジンが演じるのは、
他人には無関心で対人関係にも警戒感をほどけなかった
頑なな男性。
そんな彼の鉄仮面のような無表情がポロリとはがれて、
戸惑ったりドギマギしたり変化していくところがツボです。
男装女子ものにはお約束の
「俺はなに男相手にときめいてんだ?」のシーンも出てきます。

ヒロインは5人組ガールズグループLADIE’S CODEのジュニ。
きりりとした眼差しが特徴的で、
男装するとEXOのシウミンに見えてきます(笑)。
そのほか、モデルのナム・ユンス、
5人組ボーイズグループIMFACTのイ・サンら
フレッシュな顔ぶれが集まっていますし、
イ・ジェジンと同じグループFTISLANDのチェ・ミンファンが
カメオ出演しています。

共に暮らすことでかえって自分の寂しさに気がついたり、
大切な情を育んでいく若者たちの姿を描いていて、
同時に、男女が同居するシェアハウスに対する偏見がある
保守的な韓国社会に対するメッセージが込められたドラマでもあります。