ほえる犬は噛まない – 田代親世の韓国エンタメナビゲート

映画解説

映画解説一覧に戻る

タイトル ほえる犬は噛まない
韓国公開年 2000年
出演者 イ・ソンジェ ペ・ドゥナ キム・ホジョン ピョン・ヒボン
監督 ポン・ジュノ

【 映画紹介 】

『ほえる犬は噛まない』は、犬の連続失踪事件を軸に描かれるヒューマン・ブラックコメディーです。

非常勤講師のユンジュ(イ・ソンジェ)は、世渡りが下手で教授になれず、妊娠している妻の給料で暮らしているようなうだつの上がらない男。同僚に先を越されるわ、妻にはなじられるわで鬱憤がたまっています。そんなユンジュの耳にいっそう気に障るのが近所の犬の鳴き声でした。ある日ユンジュは思い余って犬を団地の屋上から投げ捨てますが、それを団地管理事務所の事務員ヒョンナム(ペ・ドゥナ)に偶然目撃されてしまいます。ヒョンナムは、退屈な日常の中で、何かで脚光を浴びることを夢見ていただけに、これはチャンスとばかりに犯人を捕まえるために奮闘するのでした。

韓国では犬を食べる文化があり、そうした韓国の社会風土を背景に、うまくいかない日常にいらつく人間心理と犬の失踪事件を絡めた皮肉のきいたブラックコメディーになっています。

『殺人の追憶』、そして『グエムル漢江の怪物』の大ヒットで知られるポン・ジュノ監督のデビュー作で、躍動感あふれる映像の迫力と人間に対するシニカルな視点の面白さなど、その才気はすでにこのデビュー作でもほとばしっています。

ジェントルマンな雰囲気のイ・ソンジェが、ここではあえて小市民キャラに挑戦しており、また、当時まだ新人だったペ・ドゥナが素の彼女にぴったりということでキャスティングされました。

 

<関連記事>
コラム…『ほえる犬は噛まない』の個性派女優ペ・ドゥナ

tashiro

「韓国は規則を守らない国だから。戦後ずっとそうだった」と言うような自虐的な描写やセリフが随所に現れたり、理想としていたものが実はとてもむなしいものだったことに気付かされるような現実も突きつけ、誰もが持っている人間のおかしみが、時にはシニカルに、時にはコミカルなタッチであぶりだされ、何度も苦笑いさせられました。
そして特に波乱万丈が描かれているわけでもないのに、思わず手に汗握ってしまうようなダイナミックな映像運びでスリルとサスペンスが感じられましたが、監督は、日本の漫画が好きで、特に浦沢直樹作品の画面展開がとても面白いので、その影響は受けていると思うと以前語っていました。