ユゴ~大統領有故~ – 田代親世の韓国エンタメナビゲート

映画解説

映画解説一覧に戻る

タイトル ユゴ~大統領有故~
韓国公開年 2005年
出演者 ハン・ソッキュ ペク・ユンシク ソン・ジェホ チョ・ウンジ キム・ユナ
監督 イム・サンス

【 映画紹介 】

『ユゴ~大統領有故~』は、韓国現代史を揺るがす大事件だった、1979年のパク・チョンヒ大統領の暗殺事件の一日を描いた衝撃作です。

韓国で1979年の10月26日といえば、18年にわたるパク・チョンヒ大統領の独裁政権が突然幕を閉じた日です。本作品は、宴会の席上で大統領に発砲した中央情報部長と、暗殺に加担した部下たち、巻き込まれた人々の事件前後の動きを、フィクションを織り交ぜて描いていきます。

監督は、『ディナーの後に』『浮気な家族』など現代社会のタブーに挑んできたイム・サンス監督。今回も、高校時代に事件に接し、そのとき以来ずっと興味を持ち続けてきたというパク・チョンヒ大統領暗殺事件という現代史のタブーに切り込みました。セリフはフィクションですが、登場するのはすべて実在した人物だそうです。

イム・サンス監督曰く、「拷問されて作られた証言記録なんて、誰も本当だと思っちゃいない。だからあの時、本当になにがあったかはわからない」と前置きしながらも、「膨大な捜査記録、証言記録の数々に目を通し、自分が脚色を加えたこの映画の内容のほうが事実に近いのでは」と自信を見せています。

ちなみにこの作品、元大統領の遺族である長男から名誉毀損で訴えられ、裁判所は、映画の前後に出てくるドキュメンタリー部分を含む3箇所、3分50秒部分のカット命令を出しました。そのために韓国上映時にはその部分を黒く塗りつぶして上映を行いましたが、日本では無修正完全版で公開されました。

タイトルの「ユゴ」とは…韓国語で‘事故にあう’の意味ですが、暗殺犯の情報部長が事件後に、暗殺という事実をあいまいにするために、軍と政府に対して「大統領ユゴ」と説明したそうで、そこから来ています。

ドラマ『第五共和国』とほぼ同時期の2005年に公開されて、ドラマの序盤で同じテーマが描かれていたこともあり、反響を呼び合いました。

主演は、『シュリ』『二重スパイ』のハン・ソッキュと常に強烈な個性を放つぺク・ユンシクです。

tashiro

イム・サンス監督いわく、「この作品は、わけもわからず事件に巻き込まれ死刑執行された人々への鎮魂歌でもある」としています。また監督は、パク・チョンヒ大統領が暗殺された一夜を通してこの政権の18年間を象徴的に表わしたかったそうで、日本と縁の深かったパク大統領だけに、セリフの所々に日本語を入れたり、演歌を歌うシーンを入れたのだそうです。
ちなみに宴会の席上で歌を歌った歌手シム・スボンは、その後、情報機関の監視のもと5年間歌手活動を禁止されました。現在も歌手活動を続けています。