木浦(モッポ)は港だ – 田代親世の韓国エンタメナビゲート

映画解説

映画解説一覧に戻る

noimage

おすすめ

タイトル 木浦(モッポ)は港だ
韓国公開年 2004年
出演者 チョ・ジェヒョン チャ・インピョ ソン・ソンミ
監督 キム・ジフン

【 映画紹介 】

『木浦(モッポ)は港だ』は、潜入捜査に入った刑事が繰り広げる騒動と、次第にヤクザの親分に友情を感じていくさまを描いたヒューマン・コメディーです。

頭は切れるものの、実戦はテンでダメな刑事スチョル(チョ・ジェヒョン)。汚名返上とばかりに、麻薬ルートを探るため、潜入捜査に志願することになります。赴いた先は、ヤクザが多いことで知られる地方の港町、モッポの伝説のヤクザ、ペク・ソンギ(チャ・インピョ)の率いる組織。スチョルはなんとかソンギの信頼を得るまでになるのですが、このソンギ、映画マニアの純情男で、スチョルは知れば知るほど、ソンギの人間味に情を感じるようになっていきます。

そのソンギはソンギで、やはりウェイトレスに扮して捜査をしていた女性検事(ソン・ソンミ)に一目ぼれ。そのうち、ソンギのボスの座を狙う動きが発覚してきて…と、ドタバタで笑わせながらも男同士の情の通い合いをしっかりと描き、じ~んと温かさが感じられる作品になっています。

『悪い男』『ピアノ』などで、チンピラ役の印象が強いチョ・ジェヒョンが刑事を、そして『火花』『星に願いを』など、財閥の御曹子のイメージがあるチャ・インピョがなまりのあるヤクザの親分の役を演じるというそれぞれ正反対の役に挑んでいるのが見どころです。他に、『美しき野獣』『大統領の理髪師』のソン・ビョンホ、『マイボス、マイヒーロー』『菊花の香り~世界で一番愛されたひと~』のソン・ソンミが出演しています。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭のグランプリ受賞作品です。

tashiro

脚本も書いたキム・ジフン監督は、映画のために2年半モッポで生活したということで、都会の刑事スチョルが地方のモッポにきて味わうカルチャーギャップの数々は、そんな監督の経験談が含まれているということです。
ヤクザを演じたチャ・インピョは、テレビドラマでは、『火花』『完全なる愛』を始め、ヒット作が多いのですが、映画はどれも興行的にはいまいちだったんですね。でもこの『木浦は港だ』はそんな彼の初めてのヒット作だけに、チャ・インピョ自身、すごく意義深い作品なのだそうです。