韓国スター列伝

韓国スター列伝一覧に戻る

ソン・チャンウィ

1979年生まれ。中学のときに初めて見た『レ・ミゼラブル』で、一気にミュージカルの虜になりました。ソウル芸術大学の演劇科を卒業してそのままミュージカル俳優になり、2002年に『ブルーサイゴン』で舞台デビューを飾りました。

その後テレビに初めて出た携帯電話のCMを見た関係者の勧めでオーディションを受け、2005年の『ウェディング』でリュ・シウォンの同僚外交官の役でドラマデビューしました。

初の映画が『世界の中心で愛を叫ぶ』のリメイク『僕の、世界の中心は、君だ。』で、2007年、日本映画の『パッチギ!LOVE&PEACE』で、主人公の若き日の父親を演じ、『少年は泣かない』も日本の小説が原作というう具合に日本とはなにかと縁がある人です。

2007年、ベトナムの女性との国際結婚をテーマに描いたドラマ『黄金の新婦』でヒロインを愛していく優しい夫を演じ、婿にしたい男ナンバー1とも言われました。この演技で百想芸術大賞のテレビ部門新人演技賞を受賞しました。『イ・サン』ではドラマの終盤に登場するイ・サンの右腕チョン・ヤギョン役を明るくやんちゃに演じて好評を博しました。

『神の天秤』、『シンデレラマン』といったドラマに出演する一方で、ミュージカル界の若きプリンスとして「ヘドウィック」や「カンナさん、大成功です」といったミュージカルの舞台にも出演しています。

新作は、映画『立って寝る木』で消防士を演じており、ドラマでは、現在、大御所脚本家キム・スヒョンの『人生は美しい』で同性愛者の役を熱演して話題を呼んでいます。

(2010年6月)