ドラマ解説

ドラマ解説一覧に戻る

強力おすすめ

タイトル ピノキオ
韓国放送年 2014~2015年 全20話
演出 チョ・スウォン シン・スンウ
脚本 パク・ヘリョン
出演 イ・ジョンソク パク・シネ キム・ヨングァン ユン・ギュンサン イ・ユビ

【 ドラマ紹介 】

『ピノキオ』は、つらい過去を背負った青年と、嘘がつけない体質というハンデを負う幼なじみの女性が、ともに記者を目指し、成長していく、愛と人生を描いた感動のヒューマン・ラブストーリーです。

タイトルになっているピノキオは、童話のピノキオから名前が付けられた、嘘をつくとしゃっくりが出てしまうという、疾患のことです。この疾患はドラマならではの架空の設定ですが、ドラマでは、ピノキオといえば、嘘がつけない人々ということをみんながよく知っているという前提で物語は動いていきます。

ラブストーリーと法廷ドラマを見事に融合させた傑作『きみの声が聞こえる』の脚本家と監督が再びイ・ジョンソクとタッグを組み、今度はラブストーリーと報道をうまく組み合わせ、切ない胸キュンラブあり、メッセージありの感動のヒューマンドラマに作り上げました。

幼い日、報道の暴力によって家族を失い、拾われた家の養子となり、違う名前で生きてきた青年(イ・ジョンソク)。一つ屋根の下で共に育ったイナ(パク・シネ)とは、戸籍上、叔父と姪であり、またある因縁もかかわっているために、彼女への恋心を秘めながら、気持ちを抑えて生きています。そして、ある出来事がきっかけで、記者志望のイナとともに、長く恨みを抱いていたマスコミの世界に自らも足を踏み入れることになるのでした。

イ・ジョンソクは乗りに乗っている感じで、薄っすら微笑むのに甘さがあって、キラッキラ感がこれまで以上に増しています。パク・シネも、みずみずしくて愛らしく、財閥御曹司に扮したキム・ヨングァンは、気持ちを押し付けることなく、常にヒロインを優しく見守る男性として、終盤に行くにつれ存在感を刻みつけます。また主人公の生き別れた兄役のユン・ギュンサンが、善悪を共存させた鮮烈な魅力を放っています。

なさぬ仲の家族の情や、血縁なのにうまく結べない母子の情など、人とのつながりにほっこりしたり涙したりしながら、報道とは、記者とはどうあるべきなのかを考えさせられていきます。

ラストに近づくにつれ、因果はめぐり、それまでに何気なく描かれていた一つ一つ、一人ひとりが絡んできて大きく集結していく展開は、ゾクゾクっとくる高揚感と面白さがあります。とにかく脚本の素晴らしさにしびれます。

 

この作品が気に入った人は

・仕事ジャンルとラブストーリーがうまく組み合わさった作品なら
…『君の声が聞こえる』『太陽の末裔

・報道現場が舞台となっている作品なら
…『スポットライト』『ヒーロー』