アンダンテ~恋する速度~ – 田代親世の韓国エンタメナビゲート

ドラマ解説

ドラマ解説一覧に戻る

タイトル アンダンテ~恋する速度~
韓国放送年 2017年 全16話
演出 パク・ギホ
脚本 パク・ソンジャ クォン・ギギョン
出演 カイ(EXO) キム・ジンギョン ペク・チョルミン イ・イェヒョン ソン・ビョンスク チョン・ミソン

【 ドラマ紹介 】

<ドラマ概要>

『アンダンテ』は、大人気ダンスボーカルグループEXOのカイ主演、
落ちこぼれ高校生が田舎町に引っ越して繰り広げていく
ハートウォーミングな青春ラブストーリーです。

勉強ぎらいでゲームばかり、妹(イ・イェヒョン)にまでバカにされ、
学校のボスからも目をつけられている今どきの高校生シギョン(カイ)は
家の借金のため田舎の祖母の家で暮らすことになります。
そこで印象的な出会いをしたのが美少女のボム。
こうしてクールなツンデレ女子のボム(キム・人ギョン)に
一目ぼれしたシギョンの新たな高校生活が始まるのでした。

 

<見どころ&感想>
・田舎町の特殊性を生かしたドラマ

このドラマは舞台となる田舎町の特殊性が面白いです。
人生の終末期の人たちがいるホスピスがあって
生徒たちはそこでボランティアをすることになっていたり、
学校では授業で棺桶に入る臨終体験があるなど、
死を身近にとらえる環境があって、
人が死ぬ話を平気で口にできる町なんです。
なので、シギョンもソウルとは180度違ったこの田舎町で、
余命少ない人々と関わりながら、
身近な人との別れも経験し、成長していきます。

 

・EXOのカイのアーティストとは違う顔が楽しめる

カイが演じるのは明るくノー天気な高校生。
序盤はちょっとしっかりしようよ~と
けっこうイラっと来るキャラクターですが、
初恋に家族に、いろんなことに向き合わざるを得なくなり
成長を遂げていきます。

カイと言えば、平昌オリンピックの閉会式で
ソロダンスを披露して大きな印象を残したくらい
EXOの中で最もダンスが得意ですが、
そんな彼が下手なダンスを披露したり、
ツンデレの彼女を相手に悩んだりはしゃいだり、
思いっきりにやけたり、恋する男子全開な姿を見せるのが新鮮です。
でも気を抜くと本来の色気が漂っちゃうのもご愛敬です。

よくある青少年たちのラブストーリーだけではなく、
そこにホスピス、死、認知症、消息知らずの父親…などが
大きく関わってくるヒューマンドラマになっていますが、
深刻過ぎない描き方になっているのがいいです。
主人公たちがちゃんと受け止めて、受け入れて過ごして行く姿が
後味のいい余韻を残します。

主人公の親友役で登場するペク・チョルミンが、
顔の造作とか体格的な雰囲気がイ・ミンホに似ていて、
ちょっと気になってます(笑)