ブログ

韓国ミュージカル

インターパークからのご招待

日にちが前後しますが、

3/30日にもソウルに行きました。

ミュージカルやKPOPファンにはおなじみですが、

韓国には非常に優れたチケットサービスの会社

INTERPARKというのがあるのですが、

このサイトにはGlobal サイトもあって、

日本語でチケットが買えるという

とってもありがたいサイトなんです。

で、こちらのサイトをたくさん利用した

VIP顧客のためのミュージカル『あの日々』観覧ご招待が

30日にありまして、

舞台観覧にご招待いただき行ってきたわけです!

もちろん、飛行機代などは自費です(^^;

 

この前の週も翌週も渡韓が決まっていたので、

3週連続だしどうしようかな~とも思ったのですが、

こういうのはお声がかかった時に参加しておかないと

という思いもあり、

せっかくだから行ってこよう!

と出向きました。

※いつもは俳優の写真が貼られている柱には「インターパークファミリーデイにお越しの優秀会員の皆さん歓迎します」と書かれたプレートに変わっていました。

 

韓国はなんでも急に決まったり声がかかるのですが、

やはりこのご招待も10日前に連絡をいただきました。

もっと早くに言ってくれれば渡韓予定をうまく合わせたのに~。

やはりずいぶん前から予定を立てたい日本人と

臨機応変にものごとが決まっていくことを好む韓国人とでは

永遠にこの部分はすり合わせができそうもないですね(^-^;

 

で、急なお誘いだったので、

たくさん購入履歴のあった上位20人に声かけして

来ることができた日本人は

私ともう一人だけで寂しかったです。

 

でも、無理してでも行ってよかったんです。

このご招待、

本来は韓国人が対象なので外国人枠など無かったところを

グローバルの担当者が、

「ぜひ日本の方にも機会を設けましょう」

と直訴してくれて枠ができたそうで、

これで誰も来なかったら、これ以降、

「日本人は声かけてもどうせ来ないじゃないか」

と思われるところでした。

で、『あの日々』です。

ちょうど前の週にも

オム・ギジュン、オン・ジュワンで見たばかりでしたが、

今回はオン・ジュンワンは同じでイ・ピルモバージョンでした。

 

『あの日々』に関してはこちらをどうぞ

 

で、この日は舞台でちょっとしたハプニングがありました。

重要な小道具として楽譜が登場するのですが、

その楽譜が途中でオケピの中に落ちちゃったんです。

ピルモさんもジュワンさんも

思わず「あっ」となりまして

オケピの中の方が舞台に向かって楽譜を投げたんですが

届かなくて、

少々焦りながらもピルモさんが

「どうしても必要なものなんです~」

と必死でお願いして

2度目のチャレンジでようやく舞台の上に戻りました。

確かに、この楽譜が

後々まで関わっていくすごく重要なアイテムなので

ないと困りますものね。

ジュワンさんも思わず苦笑いしてました。

 

さて、この日はご招待日だけに

舞台終了後プレゼント抽選会などがありまして

約10万円分の旅行券とかが当たってました!

大盤振る舞いですね。

 

で、私たちはグローバルの方から

ぜひご意見をお聞かせください!ということで

お食事しながら意見交換を。

 

色々と要望が伝えられて良かったです。

と同時に、

実現にはいろいろと難しいことがあるのだな

ということもわかり、

日本人がたくさんインターパークで買って存在感を示さないと

意見も通らないのが現実なのねと思いました。

 

で、この時こっそり教えてもらいましたが、

私は昨年のチケット購入額においては

グローバルでは実質2番目だったそうです。

これって、

喜ぶべきか、気を引き締めるべきか、

それが問題です(^-^;

 

関連記事:『あの日々』感想(3/23マチネ)

 

2019年4月13日執筆