韓国スター列伝

韓国スター列伝一覧に戻る

ヒョンビン

1982年生まれ。中央大学演劇映画科出身で、2003年にドラマ『ボディーガード』で本格的に俳優デビュー後、2004年のシチュエーションコメディードラマ『ノンストップ4』と『アイルランド』で注目されました。
翌2005年には最高視聴率50%越えの大ヒットドラマ『私の名前はキム・サムスン』での生意気なレストランオーナー役で大ブレイクを遂げました。

映画デビューは2004年の『まわし蹴り』。2006年には『百万長者の初恋』で初主演を飾っています。
2008年には映画『私は幸せです』で誇大妄想に取りつかれた患者を演じたり、ドラマ『彼らが生きる世界』で等身大のドラマ監督役を演じたり、また2009年には大ヒット映画をドラマ化した『チング~愛と友情の絆~』で、映画でチャン・ドンゴンが演じたチンピラ役に挑戦し、ハードなアクションシーンをこなしたほか、中国人女優タン・ウェイと共演した『ラストオータム』で女性と愛人契約をしてお金をもらうツバメを演じるなど、意外な姿をたくさん見せています。
またベルリン映画祭に出品された『愛してる愛してない』でイム・スジョンと共演。低予算映画だけにヒョンビンはノーギャランティーで主演し、結婚5年目の優しすぎてはっきりしない夫役を演じました。


そして2010年には『シークレット・ガーデン』が大ヒット。高慢でイケズなデパートのCEOを演じてヒョンビンシンドロームが起きるほど大ブレイクし、第二の全盛期を迎えました。
人気絶頂のなか、2011年3月に軍に入隊。しかも軍隊の中でも最も過酷な海兵隊に自ら志願して入隊したことでさらに人気が上がり国民的ヒーローとなりました。
軍除隊後の初作品は映画『逆鱗』。『チェオクの剣』『ベートーベン・ウィルス』などで知られるドラマ監督イ・ジェギュの映画初挑戦作品で、ヒョンビン自身もデビュー以来初めての時代劇に挑戦。朝鮮時代を代表する実在の名君、正祖を演じています。

2013年12月執筆

関連記事・作品

スターコラム:ヒョンビン 慎ましやかな好青年

デビューコラム:とっても慎重!? 主演俳優の作品選び

ノンストップ4』『アイルランド』『私の名前はキム・サムスン
彼らが生きる世界』『シークレット・ガーデン

まわし蹴り』『百万長者の初恋』『私は幸せです