韓国スター列伝

韓国スター列伝一覧に戻る

ヨム・ジョンア

1972年生まれ。91年にミスコリアに選ばれ、ドラマ『我らの天国』で演技者デビュー。続く92年には『ジャズバーヒロシマ』で映画デビューを飾りました。『モデル』『太祖王健』、『テロリスト』『カル』など、ドラマと映画で活躍し、凄みのある美しさでクールビューティーの印象が定着していました。

芸能生活12年目で出演した『箪笥』が大きな転機となりました。ここでのエキセントリックな継母の演技が絶賛され、「ヨム・ジョンアの再発見」と言わしめました。その後弾けたかのように、『女先生VS女弟子』でオールドミスといわれる女教師に扮してコメディー演技にも体当たりで挑み、女性からも親近感をもたれる存在になりました。

現在、最新作『少年、天国へ行く』の撮影中。ここでは、キャバレーの歌手としてはたらきながら子供を育てる未婚の母に扮し、ファンタジックなロマンスを展開する予定です。

(2005年7月)