韓国スター列伝

韓国スター列伝一覧に戻る

ユン・ウネ

1984年生まれ。15歳のときに街でスカウトされモデルの仕事を始め、99年、中学3年のとき、当時既に人気があった女性ボーカルグループBaby-Voxの最年少メンバーとして合流し歌手になりました。そしてBaby-Voxは中国やタイで大人気となり韓流ブームのさきがけとなりました。

2005年にグループを脱退し、映画『カリスマ脱出記』で演技に初挑戦。そして2006年のドラマ『宮~Love in palace』の庶民的な愛らしい皇太子妃役で一躍人気者になり、続く『ブドウ畑のあの男』も成功して、2006年はMBCとKBSの2大放送局の演技大賞でそれぞれ新人演技者賞を受賞しました。翌年の『コーヒープリンス1号店』では、髪を短く切って男の子に間違われてしまう女の子をさわやかキュートに演じてMBC演技大賞で最優秀演技賞を獲得し、真の演技者として位置づけられるようになりました。絵が得意で、これまでもドラマの中でその腕前を発揮しています。

2年ぶりのドラマとなった『お嬢さまをお願い!』では、心に寂しさを抱えた傍若無人のわがままお嬢さまを演じて、またしてもドラマをヒットに導き、ドラマクイーンの面目を保ちました。

今年は、人気絶頂の男子グループ2PMと共演でミュージックビデオ仕立てのCMに出演したり、『個人の趣向』に主人公イ・ミンホの昔の恋人役でゲスト出演して話題となっています。

(2010年6月)