韓国スター列伝

韓国スター列伝一覧に戻る

ファン・ジョンミン

1970年生まれ。高校時代から演劇少年で、ソウル芸術大学演劇学科卒業し、ソル・ギョングも席を置いた劇団ハクチョンに在籍。「キャッツ」「ジーザス・クライスト・スーパースター」「地下鉄1号線」など数々の舞台を経験後、映画界に進出しました。

最初に注目されたのは2001年の『ワイキキ・ブラザーズ』のドラマー役。 以後は、舞台で培った演技力を武器に、『爆裂野球団!』の優等生役、ホームレスのゲイを演じた『ロードムービー』などで全く違う役柄を演じ分け、特に『ロードムービー』では、各種映画賞の新人賞を獲得し、いまやすっかり演技派俳優と呼ばれるようになりました。

2005年は特に大活躍で、本格的な悪役に挑戦した『甘い人生』で、大鐘賞助演男優賞を受賞。シナリオにひかれて小さな役にもかかわらず出演した『女、ジョンヘ』、キム・スンウらと共演の『天軍』が公開されたのに続き、『君は僕の運命』『僕の人生で最も美しい1週間』も待機中と、映画界から引っ張りだこの存在です。

(2007年10月)