韓国スター列伝

韓国スター列伝一覧に戻る

チョン・ジュノ

1970年生まれ。95年にMBC放送局のタレント公募に合格し、芸能界デビューしました。デビュー当時は出演ドラマがなかなか良い結果を出せず、パッとしなかったのですが、99年の『ワンチョ』というドラマで注目されました。これ以降次々にキャスティングされるようになり、2001年の作品『マイ・ボス マイ・ヒーロー』で、学歴コンプレックスから高校に通うことになるヤクザのボスを演じて大ヒット、トップスターの仲間入りをしました。翌年の『大変な結婚』ではヤクザ一家に翻弄されるエリート青年に扮してこれも大ヒットするなど、映画でコミカルな面を見せるようになってブレイクしました。2003年には一転、映画『千年湖』で、呪いをものともせず、愛を貫こうとする青年武将をりりしく演じました。

コンスタントに映画出演を続ける中で、2005年の『公共の敵~新たなる戦い』では背筋も凍るような悪徳実業家を演じて、久しぶりのどぎつい悪役に挑み、黄金撮影賞の大賞を受賞。同年、6年ぶりとなるドラマ『ルル姫』に出演しました。

映画では興行スターになっていた彼が、ドラマでもブレイクしたのが、2008年『ラスト・スキャンダル』。幼なじみと恋に落ちるスターの役で大衆的な人気を獲得し、昨年は『アイリス』で、イ・ビョンホンのライバル役を演じました。現在はドラマ『逆転の女王』で口のうまさと顔の良さだけが取り柄のヒロインの夫役を演じています。

整ったハンサム顔がときおりクールな印象を抱かせますがが、素顔はウィットに富んだ、マナーのよいジェントルマンで、ボランティアにも熱心で事業家でもあります。

弱者に食事奉仕活動を行う慈善団体「愛の給食カー」の代表で、意義ある活動に、国務総理表彰を受けたこともあります。ほかにも30数人のスターたちが集まる芸能人奉仕活動団体‘タサモ’の副会長も務めています。

今年は、仲のいい俳優仲間のシン・ヒョンジュンと歌手のタク・ジェフンとともに事業体を結成し、映画制作や外食ビジネス、ボランティア活動などを行っていくそうです。

(2010年10月)