韓国スター列伝

韓国スター列伝一覧に戻る

ソン・ビョンホ

1962年生まれ。ソウル芸術大学の演劇科を卒業後、劇団に入って活動し、数々の舞台で名前の知られる存在になりました。99年に出演した短編映画『遠足』がカンヌ映画祭で短編映画審査員特別賞を受賞し、それ以降多くの映画やドラマに出演するようになりました。

『ラブ・レター~パイランより』での冷酷なボス、『大統領の理髪師』での威圧的な警護室長、『美しき野獣』での巨悪組織のボスなど、カリスマ光る強いイメージで憎まれ役を多く演じてきました。実際はユーモアたっぷりの人で、後輩たちをまとめて現場のムードメーカになっているそうです。

2003年からは『ナイスガイ』でドラマにも進出。珍しく人間味たっぷりの刑事を演じていました。今年は映画『吸血刑事ナ・ドヨル』を始め、ドラマ『偉大な遺産』『天国より見知らぬ』に連続登板しました。

芸術集団ZIZレパートリーカンパニーの代表でもあり、舞台演出家としても活発な活動を繰り広げています。

(2006年12月)