韓国スター列伝

韓国スター列伝一覧に戻る

キム・スロ

1970年生まれ。ソウル芸術大学演劇科出身。演劇の舞台で演技力を磨いたあと93年に映画『トゥー・カップス』でデビューしました。『アタック・ザ・ガス・ステーション』『リベラ・メ』『反則王』『火山高』『だるまよ、遊ぼう』など、短い出番ながらも押し出しの強い印象に残る演技で徐々に頭角を現してきました。

2006年がキム・スロにとって様々な意味で大きな転機の年で、映画『吸血鬼ナ・ドヨル』で初の単独主演となり、また彼が芸能番組で披露したコミカルなダンスが大受けしてブームになったほか、トークの面白さが評判となって芸能番組にもよく出るようになり、またプライベートでも、13年の恋愛の末に女優のイ・ギョンファと結婚しました。2008年の映画『僕の学校のET』では熱く深い情を生徒に注ぐ教師を思いっきり演じ、2010年にはドラマでも『勉強の神』でドラマ初主演を飾り、生徒をエリート大学に入学させる役どころを熱演しました。

『クイズ王』『ロマンティック・ヘブン』『ミスターアイドル』などの映画を経て、今年は、チャン・ドンゴンと共演したヒットドラマ『紳士の品格』で、男らしく頼り甲斐のある役どころを演じて人気を高めました。新作は8月に公開されたミステリーコミック映画の『占い師たち』です。

最近は演劇やミュージカルのプロデューサーとしても活動しており、多くの後輩にチャンスを与えたり、すでに活動している俳優たちのトレーニングの場を儲けようとアクターズスタジオを設立するなど、公私共に多くの後輩たちから慕われる韓国芸能界の兄貴的存在です。

(2012年11月)