注目の映画上映・イベント情報

映画上映・イベント情報一覧に戻る

第3の愛

『第3の愛』(配給:ツイン)
2017年4月1日(土)よりシネマート新宿ほかロードショー!

http://daisan-ai.com/

 

『第3の愛』は、中国の女性作家による同名のベストセラー小説を映像化したラブストーリー。『私の頭の中の消しゴム』や『サヨナライツカ』のイ・ジェハン監督がメガホンを取り、ソン・スンホンが中国の富豪一族の後継者を、中国の人気女優リウ・イーフェイがバツイチの弁護士を演じた韓・中合作映画です。

 

<ストーリー>

大財閥の御曹司リン・チージョン(ソン・スンホン)は、飛行機のなかで号泣する美しい女性ゾウ・ユー(リウ・イーフェイ)に遭遇。数日後、彼の元に抗議にやってきた来訪者は偶然にもゾウ・ユーだった。さらに別の日、建設作業員の労災金を巡る騒動で担当弁護士として会社へやってきた彼女と再会…。度重なる出会いを経て、互いの距離は近づき、やがて激しい恋におちていく。「君と永遠に一緒にいたい」と囁くチージョンと、「今 一緒にいられればそれでいい」とためらうユー。様々な困難に見舞われ、岐路に立たされた二人の愛の行方は…。

<感想>

これ、私はとても面白かったです。美男美女が繰り広げるラブストーリーは韓流女子の大好きな世界だなあと思いながら見ました。やはり自分は本能でこういう直球のラブストーリー映画が好きなのだと再認識しました(笑)。

ヒロインのリウ・イーフェイが清潔感があってとても素敵でしたし、何よりもソン・スンホンがかっこいいです。彼の演じている役柄が、愛を知らない’孤独な御曹司’だなんて、まさにもう笑っちゃうくらいに絵に描いたような韓国ドラマの大人気キャラなのですが、これがまた男の哀愁を漂わせて素晴らしくかっこよく演じ切っているんです。彼を見たくて何度も見返したくなるような映画でした。ファンの方にとっても、こういうソン・スンホンが観たかった~と思える作品ではないかと思います。

イ・ジェハン監督のダイナミックな編集も、メロドラマだけどベタベタせずにドラマチックな恋を盛り上げていましたし、ロマンチックです。

この映画の共演を機に、ソン・スンホンとリウ・イーフェイは交際を始めましたが、お似合いの美男美女カップルですね。

ちなみに、ソン・スンホンは中国人の役ですので中国語吹替です。彼の声が好きな人には少々残念でしょうが、そんなことが吹っ飛ぶくらいにソン・スンホンの魅力が満載です!

※映画の劇場パンフレットに「最強の二枚目ソン・スンホン」というタイトルで文章を寄稿していますので、良ければ読んでみてください!