注目の映画上映・イベント情報

映画上映・イベント情報一覧に戻る

お嬢さん

『お嬢さん』(配給:ファントム・フィルム)
3月3日(金)TOHOシネマズシャンテ他ロードショー
写真ⓒ 2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED

http://ojosan.jp/

『お嬢さん』は、ミステリー・ヒューマンドラマの傑作『JSA』から、『オールド・ボーイ』『親切なクムジャさん』『渇き』などの衝撃作まで、見る者をグイグイと引き付けて離さないパク・チャヌク監督の最新作。

2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED

1939年、日本の統治下にあった朝鮮半島のお屋敷を舞台に、囚われ人のように囲われて暮らしているお嬢様を巡って繰り広げられるだまし合いの攻防。誰が騙して誰が騙されるのか、一筋縄ではいかないしたたかなやり取りが、エロスを交えて耽美的に描かれていく非常に面白い作品です。

2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED

大邸宅で支配的な叔父(チョ・ジヌン)の後見を受けながら暮らしているお嬢様の秀子(キム・ミニ)のもとに新しい使用人として珠子こと、スッキ(キム・テリ)がやってくるのですが、実はスッキは秀子の財産を狙う‘伯爵’に成りすました詐欺師(ハ・ジョンウ)が仕込んだスパイで、秀子の信頼を得て、伯爵が秀子と結婚できるように後押しをする役割を担っていたのでした。でも影があって美しいお嬢様の世話をするうちに珠子の中で何かが芽生えていくのでした。

2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED

<感想>
とにかく面白いです! 官能的で、蠱惑的で、耽美な世界観にまずは引き付けられるのですが、それに加えて、だましだまされの攻防を三部構成で見せていく描き方が巧みなのです。

最初は、何かが起こりそうな雰囲気満点の豪奢な屋敷に足を踏み入れることになる使用人スッキの目線で、見ている我ら観客もスッキ同様にお嬢様の美しさに心を揺らし、孤独に胸を痛め、狡猾な詐欺師の伯爵に嫉妬を感じていくのですが、1部の最後で「ええっ!?」と驚かされたあとで始まる第2部はお嬢さん目線で、初めに我らが見せられていたことの裏側が描かれ、そこでまた再びそうだったのか~と驚かされます。そしてそれらが集約されるラストの3部。これによって見る方の気持ちも二転三転させられて、心地よく騙されることになります。145分ありますが、全く長く感じません。
ハ・ジョンウが、男のフェロモンをぷんぷんさせながら、うさん臭さ満載の伯爵をこってりと演じていて、時にクスクスと笑いも誘います。
そしてなんといってもキム・ミニの、柳のような細い腰、あどけなさを残したうりざね顔に長い黒髪、しなやかな指先、という、もう存在そのものが耽美で、ほのかなエロスを醸し出しているのがまたそそられるのです。はかなげで危うげで、でもとげを隠し持っているというお嬢様。秀子は叔父からエロチックな描写の本を朗読させられて客に披露しているのですが、そのあどけない妖しさがまた絶品。卑猥な日本語が飛び出すけれど、秀子、つまりはキム・ミニの口で語られると文学になってしまいます。
1500人から選ばれた新人のキム・テリの存在感も素晴らしく、大胆さと素朴な田舎者のずぶとさが役柄にぴったりでした。
狡猾な男たちとしたたかな女たちのだまし合いの行方を楽しんで下さい。