ドラマ解説

ドラマ解説一覧に戻る

おすすめ

タイトル トンイ
韓国放送年 2010年 全60話
演出 イ・ビョンフン キム・サンヒョプ
脚本 キム・イヨン
出演 ハン・ヒョジュ チ・ジニ イ・ソヨン ペ・スビン パク・ハソン 

【 ドラマ紹介 】

『トンイ』は、『宮廷女官チャングムの誓い』『ソドンヨ』『イ・サン』など数々の大ヒット時代劇を手がけてきた時代劇の巨匠、イ・ビョンフン監督が放つ最新作ドラマです。

イ・ビョンフン監督作品と言えば、歴史上の実在の人物を主人公にしながら、大きなフィクションやエンターテインメント性を取り入れ、見る者をぐいぐいと引きつけて離さないストーリー展開のドラマでおなじみ。言ってみれば面白さ保証付きのブランドです。

今回は朝鮮王朝第19代王粛宗(スクチョン)の側室にして、イ・サンの祖父に当たる英祖(ヨンジョ)の母親だった実在の女性トンイを主人公に据え、最下層の身分から、その人間的魅力と才覚で王の側室となり、やがてのちの国王の母親となっていく波乱万丈の人生をエンターテインメント色たっぷりに描いていきます。

トンイを演じているのは、『華麗なる遺産』『春のワルツ』のハン・ヒョジュで、好奇心が多く明朗快活で純粋で、志のために奮闘していく姿は、見ていてすがすがしい気持ちになります。また粛宗王を演じているのは、『宮廷女官チャングムの誓い』で人気を博したチ・ジニで、これまでの厳格な王様イメージとは異なり、ざっくばらんでコミカルな面も見せる魅力的な王様として登場し、序盤には身分を隠して出会ったトンイとの面白いやり取りが楽しく描かれていきます。

韓国時代劇をよく見ているというファンには、朝鮮王朝3大悪女の一人として有名なチャン・ヒビン(イ・ソヨン)が登場するのも面白いところです。この悪女と主人公のトンイがどのようにかかわっていくのか、その人間模様が面白いですし、とにかく、今回も主人公のトンイが次から次へとピンチに陥るので、一度見始めると続きが気になってたまらなくなる中毒性があります。

 

この作品が気に入った人は

・同じ監督のエンターテインメント時代劇
…『イ・サン』『馬医』『宮廷女官チャングムの誓い』『ソドンヨ

<トンイに興味がわいた人は…>
・『チャン・オクチョン』…こちらではよくないイメージで描かれているので、かなりイメージが違って戸惑うかもしれませんが。