ドラマ解説

ドラマ解説一覧に戻る

強力おすすめ

タイトル 王女の男
韓国放送年 2011年 全24話
演出 キム・ジョンミンほか
脚本 チョ・ジョンジュほか
出演 パク・シフ ムン・チェウォン ソン・ジョンホ ホン・スヒョン イ・ミヌ

【 ドラマ紹介 】

『王女の男』は、朝鮮時代の実在するクーデターを背景に、ロミオとジュリエットのごとく、政敵となってしまった男女の引き裂かれる恋を描いたラブロマンスです。

朝鮮第5代王文宗の時代、王の弟である首陽大君(キム・ヨンチョル)が王座を狙い、文宗亡きあと幼くして王座に就いた甥の端宗から王座を奪うべく起こしたクーデター癸酉靖難(ケユジョンナン)。首陽大君は端宗を支える重臣キム・ジョンソ(イ・スンジェ)を始め、敵対勢力を一挙に殺害してしまいます。この大人たちの殺し合いは、子供たちの運命を狂わせ、愛し合う男女も、仲のよかった友も、師匠との絆も引き裂いていきます。

パク・シフが、風流を楽しむロマンチックな貴族の男として登場。華やかで涼やかな貴公子スマイルで明るい恋が始まるのですが、一転、父と兄を殺され、友にも裏切られ、愛する女が憎き敵の娘だと知り、奈落の底に突き落とされます。その過程で見せる絶望、憤怒、哀切を見せていく千変万化の表情に引き込まれます。特に、復讐を誓い誰も信じられないという修羅を生きる男の憂いをたたえた白皙の美しさが際立っています。

対するムン・チェウォンも、まっすぐで純粋な命がけの愛に生きる芯の強い美しさを見せていて、一つの政変をきっかけに変化を遂げるこの美男美女の切々たる想いに心つかまれるでしょう。

政治的謀略の緊張感と身を切るような切ないロマンスの合体で独特の魅力を醸し出し、イ・スンジェ、キム・ヨンチョルといったベテラン俳優たちの演技がドラマに重厚感を与え、王座を巡る歴史ドラマとしても見ごたえがあります。

序盤は、明るい恋物語の影で、大人たちの策略による崩壊の足音が少しずつ近づいてくる緊張感がたまりませんし、後半は、もののあわれを誘うような恋人たちの場面の一つ一つが美しく酔わされます。

 

この作品が気に入った人は

・癸酉靖難の時代を見比べるなら
…『インス大妃』『観相師』(映画)

・憎むべき相手を愛してしまう展開がお好きなら
…『チェオクの剣』『このろくでなしの愛

・家、もしくは国が敵対する間柄の恋愛が見たいなら
…『ソドンヨ』『どれだけ好きなの』『ジャイアント』
『幻の王女チャミョンゴ』