ドラマ解説

ドラマ解説一覧に戻る

強力おすすめ

タイトル トキメキ☆成均館スキャンダル
韓国放送年 2010年 全20話
演出 キム・ウォンソク
脚本 キム・テヒ
出演 ユチョン パク・ミニョン ユ・アイン ソン・ジュンギ チョ・ソンハ

【 ドラマ紹介 】

『トキメキ☆成均館スキャンダル』は、朝鮮時代のエリート養成学校、成均館を舞台に繰り広げられる若者たちの愛と青春を描いた、清々しい感動に包まれるドラマです。

JYJのユチョンが演じる原則主義者で堅物ソンジュンのツンデレのキュートな面白さ。ユ・アイン扮する荒っぽいけど女に弱い男の純情を見せるコロ。ソン・ジュンギのひょうひょうとして達観しているヨリム。華のように美しい3人が三者三様の魅力で、女子禁制の学校にひょんなことで入学することになった男装のヒロイン(パク・ミニョン)を巡っての恋のドギマギや切なさを展開していきます。特に、陰ながらヒロインを想うコロの魅力にはまる女性が続出し、‘コロ患い’と呼ばれました。とにかく、男性陣が甲乙つけがたい魅力を放ち、個人的に一度見た時は断然コロ派だったのが、二度目三度目となるとユチョンの顔にも慣れ、ソンジュンのまっすぐ差や強さ、生真面目さがとっても素敵に思えるようになり…という具合に見るたびに心が揺れました(笑)。

でもこのドラマの神髄は、ただの胸キュンラブコメにとどまらず、学ぶことの意味、あきらめないことの大切さ、親たちの熾烈な権力争いに巻き込まれながらも志をつないでいこうとする若者の成長していく姿といった、根底に深いテーマを感じさせてくれる作品だというところです。タイトルに「トキメキ☆」が付いていますが、そういう意味では実はけっこう硬派なドラマと言えるかもしれません。

イ・サンが登場する時代の物語なので、ドラマにもイ・サンが登場しますし、ベテラ

ン俳優たちによる勢力争いも色濃く出てくるので『イ・サン』を楽しく見ていた人には、政治的な部分でもより興味深く見られるでしょう。また朝鮮時代の最高教育機関の学生たちの生活・文化を知る面白さもあります。

胸をときめかせながら、キラキラとした感動にひたれる強力お薦めのドラマです。

 

作品として気に入った人は

・小説のドラマ化ですが、同じ作者が書いた小説のドラマ化ということで
…『太陽を抱く月

・キラキラ青春時代劇であり、親同士の確執がこの時代に影響し~という意味でテイストが似ている作品
…『雲が描いた月明り』

・男装女子と美男子たちが展開していくラブコメテイストが似ている作品
…『美男<イケメン>ですね』『コーヒープリンス1号店』