ドラマ解説

ドラマ解説一覧に戻る

強力おすすめ

タイトル 太陽に向かって
韓国放送年 2003年 全20話
演出 ムン・ジョンス ペ・テソプ 
脚本 ソ・ヒジョン
出演 クォン・サンウ ミョン・セビン チョン・ソンファン キム・ジョンファ

【 ドラマ紹介 】

 

『太陽に向かって』は、ブレイク寸前のクォン・サンウが
恋に一途な海軍大尉を演じたラブストーリー。

亡き父の遺志をついで海軍大尉になった
折り目正しい青年ソンミン(クォン・サンウ)。
そんな真面目に生きてる青年が、
妹(キム・ジョンファ)が盲腸で入院したことをきっかけに
女性医師ヘリン(ミョン・セビン)に一目ぼれして、
一心にアタックしていくのですが、
大学時代の死んだ恋人が忘れられないヘリンは
なかなか心を開きません。
おまけに彼女は先輩医師のスンハ(チョン・ソンファン)からも
好意を抱かれていたのでした。

このドラマではクォン・サンウがとっても魅力的。
普通にかっこいいというよりも、
仕事ではタフでも、根は優しく、妹思い。
でも怒るときはびしっと叱るという
あるべき健全な男性の姿があって、
この人いいなあって思えるんですね。

ヘリンに対しても、たとえビシバシ拒絶されようとも
メランコリーにほろりとやさしく甘い眼差しをのぞかせる
繊細さも表しながら、
めげずに向かっていくその真っ直ぐさがまぶしいです!

でも恋には初心なので、
ヘリンに強引にいきなりキスしてひっぱたかれたり、
ちょっとズレてる感じがコミカルでおもしろいです。

 

部下に厳しく、目上の人には礼儀正しく、
そして、両親を早くに亡くしたせいで、
恋するヘリンの父親には憧れにも似た眼差しで接する、
という具合に、相手によって
いろいろな表情を見せるクォン・サンウに心酔している間に、
物語は徐々に切なさを帯びていきます。

無骨な一途さがようやくヘリンの心を動かし始めたと思ったら、
ヘリンの婚約者が亡くなった事故に
遠からずソンミンが関係していたということがわかり、
2人は動揺していきます……。

愛する女性を第一に考えるソンミンが、
ヘリンを気遣って身を引こうとする姿などは、あまりにも切ないです。

とにかく、クォン・サンウ演じる海軍大尉が
素朴で優しく応援したくなる人物像で、
クォン・サンウのことが大好きになるであろうドラマです。

 

この作品が気に入った人は…

・一途な男ごころに胸打たれる作品なら

君の声が聞こえる』『ロマンス

『恋愛マニュアル~まだ結婚したい女』

『魔女の恋愛』