ドラマ解説

ドラマ解説一覧に戻る

noimage

おすすめ

タイトル ソロモンの偽証
韓国放送年 2016年~2017年 全12話
演出 カン・イルス
脚本 キム・ホス
出演 キム・ヒョンス チャン・ドンユン ソ・ジフン シン・セヒ ペク・チョルミン

【 ドラマ紹介 】

『ソロモンの偽証』は、クラスメートの死を巡り、高校生たちが自ら学校内裁判を開いて真相を追求していく青春ミステリードラマです。
宮部みゆきのベストセラー小説が原作で、原作では主人公が中学生たちのところを高校生に引き上げてドラマ化しています。

クリスマスに校庭で発見された男子生徒の遺体。
自殺で片づけられようとした時に、自殺ではなく札付きの不良が殺したのだという告発状が出回ります。
教師も生徒の親たちも穏便に済ませたがる中、大人たちに任せていては不可解なクラスメートの死の真相は闇に葬られると思ったヒロインは、自分たちの手で真実を解き明かそうと校内裁判を開くことを提案するのでした。

5話から学校内で裁判が展開されていくのですが、裁判することで生徒たちの人間関係があぶり出されていき、嘘と真実が入り乱れ、玉ねぎの皮を一枚一枚はいでいくように裁判に出廷する生徒たちの証言によって新たなことが分かっていくのが面白いです。
高校生がやることとは言いながらも厳格に行われていく裁判ですが、本当の法廷ではないので、裁判中に突発的な出来事や発言が出てきて、よりスリリング。
ミステリーだけに、毎回意味深な発言で終わるのが非常に上手い作りですね。


主人公で検事役を務めるのは『星から来たあなた』でチョン・ジヒョンの子供時代を演じたキム・ヒョンス。もう一人の主人公で弁護士役を務める優等生役に、清潔感とどこかミステリアスな魅力が漂うチャン・ドンユン、複雑な親子関係に苦しみながらも彼らに協力していく役どころを担うソ・ジフンなど、新人・若手俳優たちが大挙出演しているのも新鮮な魅力になっています。

高校生たちの話ですが、いじめ、暴力、罪悪感、仕返し、陥れ、妬みといった大人社会の縮図がそこにあるので、グイグイ引き込まれていきます。
彼らが裁判の果てに何を見つけるのか、見届けてください。

この作品が気に入った人は

・高校生たちが繰り広げる社会派orミステリードラマなら
『ゆれながら咲く花』『恋するジェネレーション』