ドラマ解説

ドラマ解説一覧に戻る

タイトル 逃亡者PLAN B
韓国放送年 2010年 全20話
演出 クァク・ジョンファン
脚本 チョン・ソンイル
出演 チョン・ジフン(RAIN) イ・ナヨン イ・ジョンジン ダニエル・ヘニー

【 ドラマ紹介 】

『逃亡者planB』は、RAINが『このろくでなしの愛』以来5年ぶりに主演する、日本、中国、マカオにフィリピンとアジアをまたにかけた、巨額の金塊と信頼に関するサスペンス・ミステリードラマです。

『チュノ~推奴~』にほれ込んだRAINが、『チュノ』のチョン・ソンイル脚本家と意気投合して始まった企画で、これまでにないキャラクターにしようとキャラ設定から作りこみました。

RAINが演じているのは、自称アジアナンバーワンの探偵です。仕事はできるものの、金にがめつく、女に目がない、厚かましいお調子もの。ルパン三世やジェームズ・ボンドをもっとコミカルにした感じのキャラクターで、RAINのコロコロよく動くコミカルな表情が楽しく、そんなおチャラけの中にふっとにじむ真剣さにドキリとさせられます。

そんな探偵に人探しを依頼してくるミステリアスで美しき依頼人と、彼女を守るダンディーな青年実業家、そして探偵を追い続けている刑事。この4人を軸に、追いつ追われつの緊迫した追跡劇が描かれ、根底には重い事件を抱えながらも、ドラマ自体は軽妙洒脱なタッチで、コミカルさとシリアスさを行き来しながら進んでいきます。

『アイルランド』から6年ぶりのドラマ復帰となるイ・ナヨンが強さと繊細さを併せ持つ美女に扮してアクション演技も披露。利用するつもりがゆるぎない信頼へと変わっていくRAINとの関係性が見どころになっています。

加えて男臭いタフな刑事に扮したイ・ジョンジンや洗練されたスマートな魅力を放つダニエル・ヘニーと、『チュノ』の俳優たちの豪華ゲスト出演や、曲者を演じている個性的な助演たちといった豪華な俳優陣がこのドラマの大きな魅力です。

前半は、コミカル要素たっぷりに、追いつ追われつのアクションや、めまぐるしい展開で、誰が何のために事件を起こしているのかという疑問がいくつも浮かんでくるのですが、7話あたりからシリアスタッチが増えてきて、10話からは新展開へと移り変わっていきます。後半に進むにつれ反転に次ぐ反転で緊張感が生まれ、新しい形態の斬新なジャンルのドラマとして、韓国ドラマ界に新たな可能性を広げたと評価されました。

 

この作品が気に入った人は

・同じ製作陣のドラマなら
…『チュノ~推奴~』(演出家・脚本家)『町のヒーロー』(演出家)
『THE K2』(演出家)『7級公務員』(脚本家)