ドラマ解説

ドラマ解説一覧に戻る

タイトル 蒼のピアニスト
韓国放送年 2012年 全30話
演出 チェ・ヨンフン
脚本 キム・スノク
出演 チュ・ジフン チ・チャンウク チェ・シラ チン・セヨン チョン・ウヌ

【 ドラマ紹介 】

『蒼のピアニスト』は、チュ・ジフン、チ・チャンウク主演、美しきピアニストの兄弟が織りなしていく、激しい愛憎のドラマです。

大手楽器メーカーの社長夫人(チェ・シラ)は、実の息子(チ・チャンウク)と、夫がよそから連れてきた息子(チュ・ジフン)を別け隔てなく育てている愛情深いできた女性。でも実はそう見せかけながら、表と裏の顔を使い分けている恐ろしい女性でした。そんな母に育てられた二人の美しき兄弟が成長し、母親の愛から始まって、初恋の相手の愛や、トップピアニストの座、会社の後継者のポストをめぐって、ことごとく対立していきます。

母に愛されていると思いこんで成長してきた義理の息子ジホをチュ・ジフンが、母の愛を感じられず、卑屈に育った実の息子イナをチ・チャンウクが演じ、二人の母を『インス大妃』などのチェ・シラが、さすがの迫力で演じています。

『魔王』以来、久々のドラマ復帰作となるチュ・ジフンは、今までの影を背負った役どころと違い、人がよくて屈託のないキャラクターですが、やがて愛し、愛されていると思っていた母への信頼が崩れ、変わっていきます。

逆に、今まですごく好青年の役を演じてきたチ・チャンウクは、屈折し、卑劣なこともしてしまうという身勝手な役を演じていて、それぞれに従来のイメージとは違った演技を見せているのが面白いところです。

さらに、兄弟たちの母親に復讐を誓っていく青年ウジンを、『太陽の花嫁』で大注目の俳優チョン・ウヌが演じていて、美男子度が非常に高いドラマになっています。

ストーリーのポイントは、「ジホがいつ母の真意に気づくのか?」。そして気づいて以降は「どう復讐していくのか?」というところなのですが、とにかくチュ・ジフンは母や弟からこれでもかという仕打ちを受けるだけに、憤怒、号泣、絶望、といった極限の感情表現を熱演しています。

『妻の誘惑』『天使の誘惑』など、息もつかせぬ、これでもかという展開で見る者を引っ張るドラマを書いてきたキム・スノク脚本家の作品だけに、随所におおっとびっくりさせられる仕掛けが入ってきます。この韓流ドラマならではのドロドロ具合を楽しんで下さい。

 

この作品が気に入った人は

・なんでもありのマクチャンドラマを楽しみたいなら
…『妻の誘惑』『天使の誘惑』