ドラマ解説

ドラマ解説一覧に戻る

強力おすすめ

タイトル 女の香り
韓国放送年 2011年 全16話
演出 パク・ヒョンギ
脚本 ノ・ジソル
出演 キム・ソナ イ・ドンウク オム・ギジュン ソ・ヒョリム

【 ドラマ紹介 】

『女の香り』は、キム・ソナ主演の、余命を宣告された女性の最後の幸せ探しのラブストーリーです。

一生懸命に働くも職場で認めてもらえず、悔しい思いも多々ある毎日を過ごしていた、パーマ姿に丸メガネをかけて少々おばさんくさかったヒロイン(キム・ソナ)。彼女が、癌で余命6カ月と宣告されたことで、こんな人生やってられないわ~と辞職願いを出して貯金をおろし、死ぬまでにやっておきたい20のバケットリストを作り、おしゃれして大胆になって、切実に「恋がしたい」と思い、まるで生まれ変わったようになっていきます。

決してお涙ちょうだいではなく、死を宣告されたことで、いろいろ勇気が出てきて、皮肉にも毎日が輝きだしていくという明るいトーンで描きながら、そこはかとなく切なさが漂うロマンチックラブストーリーのコードで進んでいくのが大きな魅力です。

『シティーホール』から2年ぶりにドラマに出演したキム・ソナが、人懐こい泣き笑いのある演技で、「やはりキム・ソナ!」と言われ、高く評価されました。

御曹司を演じるイ・ドンウクは除隊後初の作品ですが、低体温っぽいけだるそうな男が、不思議な魅力のヒロインにどうしようもなく惹かれていく姿を魅力いっぱいに演じていますし、担当医役のオム・キジュンも、嫌われ者だった冷血医師が初恋相手のヒロインに再会して人間味のある温かい男に変わっていく過程もとっても素敵です。

途中、JYJのジュンスが「ジュンス」としてゲスト出演し、歌やダンスも見せているのもお得感があります。

そして、劇中、タンゴがとっても効果的に使われています。このドラマを見ると、恋がしたくなり、家族を大切にしたくなり、何よりも、毎日を悔いのないように幸せな気持ちで生きなくてはと思わされます。とっても優しい気持ちに包まれる名作です。

 

この作品が気に入った人は

・毎日を悔いなく大切に生きよう!と思わされる名作なら
…『ファンタスティック』『私の名前はキム・サムスン
 『ああ、私の幽霊さま』

・余命宣告を受けてから始まる恋の話なら
…『パパはスーパースター!?』『結婚契約』