ドラマ解説

ドラマ解説一覧に戻る

おすすめ

タイトル ホテルキング
韓国放送年 2014年 全32話
演出 チェ・ビョンギル チャン・ジュノ
脚本 チョ・ウンジョン
出演 イ・ドンウク イ・ダヘ イム・スロン ワン・ジヘ イ・ドックァ

【 ドラマ紹介 】

『ホテルキング』は、イ・ドンウク主演、高級リゾートホテルを舞台に、複雑な運命で結ばれた男女の愛と復讐の物語です。

孤児だったところをある男に拾われ、自分と母親を捨てた父への復讐のため、ホテル会長である父の座に取って代わろうと優れたホテルマンとなり、虎視眈々とその機会を狙ってきた主人公チャ・ジェワン(イ・ドンウク)。あと一歩というところで、ターゲットだった会長がホテルのプールに落ちて亡くなり、そのあとを継ぐために海外留学から戻ってきた会長の一人娘(イ・ダヘ)とホテルの覇権を巡って対立していきます。

父への復讐というハードな展開の中に、敵対していたはずのヒロインから愛されるようになり、彼女が見せるかわいい嫉妬をはさむなど、序盤はシリアスな話とラブコメが重なりながら話が進みますが、そのうち幾重もの秘密が明らかになる、怒涛の展開となっていきます。

このドラマで私が一番好きなのは、人間味のない厳格な男と軽くて派手なお嬢さまというカップリングです。

イ・ドンウク演じるジェワンは、過酷な少年時代を送り、復讐のため、“ホテルの怪物”との異名をとるほどの完璧な支配人となっていますが、まるで感情を押し殺しているかのように無表情で無機質な仕事人間。そんな彼が、韓国のパリス・ヒルトンと呼ばれるお騒がせのお嬢様であるものの、愛らしくて男の心の傷を癒してくれるヒロインに接し、愛してはならないと自分を戒めながらもどうしようもなく惹かれていくという、やせ我慢を展開するシーンが胸キュンポイントです。鉄仮面だったジェワンの顔がホロリホロリとほころんで、貴重な笑顔を見せていくシーンにトキメクと同時に、幸せを前にすると障害が立ちはだかっていくジェワンのあまりの不憫さに胸が痛みます。なにも寄せ付けないようなイ・ドンウクの冷たい顔が、子犬のような母性本能を刺激する表情になるギャップにも心をつかまれます。

出生の秘密に復讐、そこにラブコメや、禁断の愛かも?という、盛りだくさんの要素が「これでもか、これでもか」と入ってくる、韓国ドラマ要素満載の作品です。

 

この作品が気に入った人は

・ストイックで孤独な男とおきゃんなヒロインというカップリングが見たいなら
…『シンイ‐信義‐』『ホテリアー』『ミスターグッドバイ』

・危険な男の復讐ドラマなら
…『サメ~愛の黙示録~』『グッバイミスター・ブラック』
 『ゴールデンクロス』『赤道の男』『グリーンローズ』『優しい男』
 『神と呼ばれた男』『復活』『魔王』『ゲームの女王』
 『このろくでなしの愛