ドラマ解説

ドラマ解説一覧に戻る

強力おすすめ

タイトル ファン・ジニ
韓国放送年 2006年 24話
演出 キム・チョルギュ
脚本 ユン・ソンジュ
出演 ハ・ジウォン キム・ヨンエ チャン・グンソク キム・ジェウォン

【 ドラマ紹介 】

『ファン・ジニ』は、芸に秀で、学問に通じ、美を追求する華麗な存在、キーセン。ドラマ『ファン・ジニ』は、16世紀、朝鮮随一のキーセンとして名をはせた、実在したファン・ジニのドラマチックな人生を描いた作品です。

‘酒席で男性の相手をする女’というキーセンのイメージを完全に脱し、このドラマでは、詩の才能に秀で、優れた踊りで多くの人々を魅了し、執念ともいうべき芸への情熱を注いだ1人の芸術家としてのファン・ジニの生き様が描かれていきます。

芸ごとに魅せられた少女が、その情熱で才能を磨き、ふたつの大きな愛を体験しながら、師匠との愛憎入り乱れた葛藤を繰り広げます。

これを見ると、類まれな才能を与えられた者は当たり前の女の幸せを送ることは許されないのだということを痛感します。愛よりも芸道を追求することに生きた一人の女性の人生は、愛を犠牲にして仕事を選択している現代女性の姿にも重ね合わせて見ることができるでしょう。

私は芸に生きる人の厳しさが好きなので、ファン・ジニの師匠が「芸妓とは…」と心得を説くセリフの一つ一つがツボでした。例えば「踊りの真髄は解くことだ。人生もどう結ぶかより、どう解くかが大事」「喜びで笑うのは芸妓ではない。つらさや怒りさえ笑えるときこそ本当の妓女であり、芸人よ」「芸妓の一番大切な友は…苦痛よ」「あの娘は恋は捨てられても芸は捨てられない。本人はまだ気づいていないがな」などなど、風雅で珠玉のせりふの数々には胸が高鳴りました。ファン・ジニに限らず、あでやかな衣装とはうらはらに、悲しみを身にまとって生きていくキーセンたちの覚悟が痛くも悲しく胸を打ち、彼女たちの美しい舞い姿を見ているだけで思わず涙が出てきてしまいます。

ハ・ジウォンが、よくぞこの役を演じてくれましたといいたくなる絶品のファン・ジニ像で、KBS演技大賞で、最高栄誉の大賞を受賞しました。そして、ファン・ジニの師匠となるキム・ヨンエの、全身全霊を芸にささげた凄みのある演技が圧巻で、もう一人の師匠キム・ボヨンの気迫もあっぱれで、これらのベテラン女優たちの競演によるライバル関係も素敵です。

そしてファン・ジニを取り巻く男たち、初恋の相手を演じたチャン・グンソクのピュアなすがすがしさと、大人の恋を結ぶキム・ジェウォンの愛のかたちが、好対照で面白い。個人的にはキム・ジェウォンが演じたキム・ジョンハンの、女性の才能の成就のために、自分を犠牲にし、必死に気持ちを抑え、押し付けがましくなく、一歩引きながらも相手を深く想っている姿が良かったです。

見ていて熱い感動がこみ上げてくる、そしてものの哀れを感じさせるような、非常に見ごたえのある傑作です。

 

この作品が気に入った人は

・芸術家の性(サガ)と愛が描かれる作品なら
…『風の絵師

・愛よりも自分の使命に生きなければならない女性が描かれる作品なら
…『善徳女王』『火の女神ジョンイ』

・覚悟を決めた女性の生きざまを描いた作品なら
…『寄皇后』『キム・マンドク~美しき伝説の商人』『イニョプの道