ドラマ解説

ドラマ解説一覧に戻る

強力おすすめ

タイトル チャン・オクチョン
韓国放送年 2013年 全24話
演出 プ・ソンチョル
脚本 チェ・ジョンミ
出演 ユ・アイン キム・テヒ ホン・スヒョン ジェヒ イ・サンヨプ

【 ドラマ紹介 】

『チャン・オクチョン』は、韓国の歴史上三大悪女のひとりとして有名なチャンヒビンを、新解釈で描いたラブストーリー色の強い時代劇です。

朝鮮王朝の中でももっとも堅強な王権を築いた19代王粛宗(スクチョン)。彼の寵姫チャン・オクチョンこと、チャンヒビンといえば、その美貌で王をたぶらかして権勢を振るった妖婦というイメージが定着していますが、そんな彼女を、低い身分にも負けず、衣装デザイナーを夢見て、自らの手で希望と夢をつかみとろうとした女性チャン・オクチョンとして捉え直し、スクチョン王を愛したがために様々な苦難の道を歩まざるを得なかった彼女の生涯を描いていきます。

ヒロイン、チャン・オクチョン役は、韓国を代表する美人女優のキム・テヒ。純粋で健気な少女時代から、身分による屈辱を跳ね返すために強くならざるを得ない后の姿までを力強く演じています。

でも、本当に語りたいのはここからです。このドラマ、実は、王さまを演じるユ・アインが抜群にかっこいいんです。若々しくて凛々しくて、鋭い眼差しとスッと引き結んだ美しい口元に、微妙な心情変化を刻々と映し出す眼差しの演技が絶品。愛の前では甘く切実でロマンチックですが、すごい切れ者なので、政治の場では冷酷で時に残忍でもあり、したたかに大臣たちとやりあう凄みも感じられ、時々ブラックなキャラクターになるところもしびれます。でもそんな王が苦悩しながらも、全力でオクチョンを愛していく姿がたまらなく素敵なんです。

2人が結ばれるまでの前半は少女漫画のようにキュンキュンするような場面が盛りだくさん。オクチョンが衣装デザイナーという設定だけに、華麗で鮮やかで、全体的にキラッキラしています。後半からは宮中での勢力争いが始まって、政治色が強まっていきますが、そうなると王のカリスマが際立ち、ユ・アインの演技力が光る凄腕の王さまの見どころ満載の展開になります。

ドラマのイメージを一言でいうなら、‘激しき党派争いの中に鮮烈に咲いた愛の花‘という感じでしょうか。従来の人物たちのイメージをかなり大胆に覆しているので、違和感を覚える方もいるかもしれませんが、歴史のことはさておき、王と女官の切ないラブストーリーとして見れば素直に楽しめます。そして終わる頃には、案外、実際もこうだったかもしれないなあと思うかもしれません。どうぞお楽しみに。

 

この作品が気に入った人は

・激しい党派争いの中で貫かれる愛というラインとしては
…『太陽を抱く月

・人物の描き方が全く違うので見比べるのも面白いかも
…『トンイ』『チャン・ヒビン』