コラム・取材レポ

コラム・取材レポ一覧に戻る

チャン・ヒョク

※2004年7月発刊「韓国はドラマチック2」(東洋経済新報社)より

『火山高』で、とんでもない能力を制御できないばかりに学校の争いに巻き込まれていく、ちょっと間の抜けた漫画チックなキャラクターを演じて日本にお目見えしたチャン・ヒョク。

顔立ちといい、醸し出すアウトサイダー的な雰囲気といい、デビュー当初はチョン・ウソン2世と呼ばれていた若手スターだ。実際チョン・ウソンとはマネジメント会社も同じだ。SBSドラマ『モデル』で芸能界デビュー。この時は端役だったがその後KBSの『学校』に出演し、他の生徒たちにうまくなじめず、女性教師にあこがれるようになる大人びた生徒役で青少年たちに爆発的人気を得た。

映画『ジャン』でも問題を抱える生徒役で、MBC『日射しの中へ』も同世代の若手スターたちとの共演で、母ひとり子ひとりの家庭に育ち、否応なく暴力組織に巻き込まれていく青年役を熱演した。とにかくどこか屈折した青年役が似合うのだ。こんなところもチョン・ウソンに似ていた。

このように心優しいが社会にうまく適応できない人物といった役柄が続いたところで、10年前にヒットしたドラマの続編に当たる『ワンヌン一家』(SBS)に出演し、クールな役から一転、コミカルなキャラクターに挑戦し、役の幅を広げていった。

チャン・ヒョクという名前は本名ではなく、彼のマネージャーの名前から取ったものだという。覚えにくい韓国芸能人の中にあって短くて覚えやすいのがいい。

2000年は歌手デビューも果たした。歌手というよりはラッパーといった方が正確かもしれないが、ステージで体をくねらせるようにしてラップをひたすら口ずさむ様はちょっと衝撃的で、「クールガイのチャン・ヒョクが…」と思ったものだった。でもこれで舞台度胸がかなりついたことは想像に難くない。

チャン・ヒョクのイメージががらりと変わったのはドラマ『明朗少女成功記』だった。明るく前向きな少女が、窮地に陥った金持ち男を助けながら成功していくコミカルラブストーリー。ここでのチャン・ヒョクは両親が作った大会社の重役として偉そうに振舞っているが、自分の思い通りにならない少女、ヤンスンに好意を持ちながらもどう接していいかわからず、ついついぶっきらぼうに接してしまう。そしてあとで後悔するというようなキャラクターだった。怒りんぼうで、寂しがり屋で、強がりで、素直になれない男性像はとても可愛くて、愛すべきキャラクターだった。チャン・ヒョクの新たな魅力発見!という感じだった。

時代ドラマの『大望』では、まさに大望を抱く人物を演じ、人間味があって真っ直ぐで、芯のところがしっかりしている好男子という雰囲気がすごくよく出ていた。人がついていきたくなる男だなあと思った。孤独な反抗児から比べるとずいぶんと役の幅も広がってきた。

今ではむしろコミカルな振り回され系の役のほうが似合っているかもしれない。映画『英語完全征服』では、英語を学ぶために英語学校に通っているが、お目当てはお色気たっぷりの美人先生という今どきの青年。田舎臭いめがね女から好意を寄せられちょっと迷惑しながらもだんだん好きになっていくというラブコメディーだ。

『僕の彼女紹介します』ではチョン・ジヒョン演じる婦警に振り回される教師役。『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョンとクァク・ジェヨン監督コンビの新作だけに、チャン・ヒョクの壊れぶりに期待が持てる。