コラム・取材レポ・ブログ

コラム・取材レポ一覧に戻る

チャン・ドンゴン

哀愁を帯びた大きくて深い目。甘いマスクにロマンティックな雰囲気の貴公子スターで、長らく韓国一のいい男という称号をほしいままにしてきた。

92年にデビューし、そのあまりのハンサムぶりに「貴公子シンドローム」が吹き荒れたほど。

特に日本では『イヴのすべて』でテレビ局の理事に扮し、白馬に乗った王子様のようにヒロインを見守り支えていく役のドンゴンを見てファンになった人が多いだろう。ここでは珍しくドンゴンの恋にほころぶ表情がたくさん見られる。

ドンゴン自身は『ドクターズ』での冷たい外科医の役がお気に入り。視聴者たちがまさかチャン・ドンゴンがにはこんな姿はないだろうと思うような演技を見せて、いい意味で裏切ることが出来たから演技していて楽しかったのだとか。

私がいいなあと思ったのは、『ゴースト』。結婚を目前にした刑事役のドンゴンが、犯人の逆恨みを受け恋人を殺され、彼女の面影を求めて街をさまよったり、すっかり心を閉ざしてしまう孤独な様が痛々しいまでに切なかった。

このように数々の役柄をこなしてきたが、美男俳優の悲しさで、まるでギリシャ彫刻のような美しい顔立ちばかりがクローズアップされ、演技云々はあまり評価されることもなかった。

97年に『敗者復活戦』で映画に進出するもデビュー作はふるわず、『恋風恋歌』も自然体のドンゴンが等身大の青年を演じ、済州島の美しい風景に溶け合ってすがすがしい作品だったが、これもそれほど話題にならず、映画ではあまりぱっとしなかった。

そんな彼が助演に回って挑んだのが99年の『情け容赦なし』。アン・ソンギ、パク・チュンフンといった韓国映画界の看板スターらに胸を借りる形で、若き刑事を好演し、青龍映画賞の助演男優賞を受賞した。ここでようやく実力も認められるに至った。

思えばこれがチャン・ドンゴンの転機だった。それまではドラマや映画でもメロドラマへの出演が多かった彼が、『情け容赦なく』を機に男っぽさの漂う作品に連投するようになった。特に大きかったのが、『友へチング』への出演。自分の貴公子イメージを180度変えて、髪を坊主狩りにし、まつげを抜いて、目つきも厳しく挑んだ。この作品は全国で800万人以上の観客を動員する大成功を果たし、ドンゴンはしっかりと演技者としての評価を得られるようになった。今ではもう誰も、彼を「顔だけの俳優」と呼ぶ人はいない。

『ロスト・メモリーズ』ではSF大作ではじめて本格的なアクションに取り組んだ。9ヶ月という長い期間緊張感を維持するのが大変で、ついつい気持ちがダレ気味になってしまったそうだが、「ファンの方たちが自分の映画をどういう風に見てくれるのかという日を想像して、これではいけない、もっと緊張しなければ、私は俳優なんだからと、自分を戒めながら撮影の日々を送っていました」とインタビューで語ってくれた。

こういう誠実な姿勢が制作者たちからも絶賛されるところで、ドンゴンは制作者たちからとても好かれる俳優さんだ。

演技に貪欲で、2002年には、先ごろベルリン映画祭で監督賞を受賞するなど、海外の映画祭で評価を受けている鬼才、キム・ギドク監督の『海岸線』に自ら出演料を下げてまで出演を請い、海兵隊員が北のスパイと誤って民間人を射殺してしまい、そこから狂気に走っていってしまう様を演じた。

2004年には朝鮮戦争を背景に兄弟の絆を描く『ブラザーフッド』に出演。弟をとことん守ろうとする頼もしい兄として登場。受けの演技で難しい役だが、この人の好ましい人間的な存在感が非常に生きている。

 

チャン・ドンゴン対面記

2001年2月

このときはCM撮影中にお邪魔して撮影の合間の休憩時間にインタビューすることになった。韓国ナンバーワンハンサム俳優とは一体どんな人だろうかと思っていたが、気取りのないすごく自然体の人で意外な印象だった。

CFはスポーツウェアに身を包み、運動しながら携帯電話をかけるというような内容だったが、まとまった休憩を取らずに撮影が進んでいったため、短い合間合間を縫うようにして10分聞いては、待ち、また10分聞いては待って…というようなことを繰り返しながら話を聞いた。

ドンゴンさんにとっても休憩が休憩にならず大変そうだったにもかかわらず、逆にこちらに少し申し訳なさそうな感じで、汗を拭きながら息つくまもなくにこやかにインタビューに答えてくれた。

恵まれた容姿。特に演技者になろうと思ったわけではなく、俳優になったのもCFモデルをアルバイト感覚で始めたのがきっかけだったという。無欲で始めたものの、MBCテレビ局のタレント採用試験に合格し、すぐにキャンパスドラマの主役に抜擢されるという運の良さだった。そうして出演した2本のドラマで人気が爆発し、「貴公子シンドローム」を引き起こすまでになった。しかしそんな人気絶頂期に何と彼は放送活動を中断して演劇学校に入ってしまうのである。

そして現場が恋しくなって中退するまでの2年間、みっちりと演技を学んでドラマの世界に戻ってきた。しかし、学校を出てからドラマ出演を重ねる中で、いつも順風満帆とは行かなかったという。

「ドラマが途中で打ちきりになったり、ぱくり疑惑にあったことが3回ぐらいあって、その時は何でこんなに運がないんだろうと思ったことがあります。その時はとても焦りましたね。でもそんな目にあっても今だに演技を続けていられるし、いい作品の話も入ってきますし、そういうことを見ていると、作品の興業などよりも自分でやるべき演技を一生懸命やって自分のいい姿を続けて観客やファンの皆さんに見せていけば大丈夫なんだと思えるようになりました。そういうことがわかったので僕にとっては災い転じて福となすという出来事でしたね。自分が演技に対する態度を変える、心をすぐに切り替えることを身につけた。逆にそういう時期があって良かったと思っています」

――ところで、韓国一の美男俳優と言われることについて、どう思っていますか?

「(体を崩すようにして大いに照れ笑いするチャン・ドンゴン)韓国には僕よりもかっこいい俳優はいっぱいいると思いますよ。僕がかっこいいっていうよりも、僕のデビュー当時に、スマートな俳優というスタイルがいなかったんです。実際最初新人時代は他に見せるものもなく、記者がかっこいい美男俳優と書いた固定イメージが続いているおかげでその言葉がいつも修飾語としてついて来るんだと思います。とにかくイメージでそう言われているんですよ」

このほか、『NO WHERE 情け容赦なし』でアン・ソンギやパク・チュンフンといった大先輩たちと共演できたことで、現場に臨む姿勢など多くのことを学べ、自分に多くのことを与えてくれた作品だったと熱く語ってくれた。

2001年を迎えての新作は『友へチング』。1970年代から現在までを背景に、仲の良かった幼なじみが成長するにつれ道を違えていく様を描くノスタルジックノワール映画で、チャン・ドンゴンは釜山の貧しい葬儀屋の一人息子で、やくざ組織に身を置くようになる暴力的な男に挑戦している。

2003年10月

このときは『ロスト・メモリーズ』が東京ファンタスティック映画祭でオープニング上映される舞台挨拶のために来日したときのインタビュー。『ブラザーフッド』の撮影を前日に終えて来たばかり、撮影中の事故でひざを痛めてしまったというが、それをおくびにも出さないでインタビューにもにこやかに応じてくれた。

このときに絶対に聞こうと思っていたのが、以前『イヴのすべて』で共演したチェリムさんが、「ドンゴンさんはどうやったら女性を喜ばせられるかをよく心得ていて、それをシーンに生かしてた」といっていたことだった。この質問を投げかけるとハハハハハハと高らかに笑い、「それは僕自身はよくわからないけど、ただ『イヴのすべて』を撮るときはチェリムさんとよく意見交換しましたが、私が演じた役自体がいつも影で支えて後ろに下がって見守るというキャラクターだったんです。そういう意味で女の子を考えるならこうした方がいいんじゃないかとかああしたほうがという風にキャラクターになりきってそういう風に考えたんだと思います」と答えが返って来た。でもプライベートではなかなかそうした女性を喜ばせる術を使う時間が無いようで、日本の女性をデートに連れ出すとしたらどこに?と聞くと、さあーと頬に手を当ててたっぷり20秒ぐらい考えこんで、挙句マネージャーに聞いたりして、遊覧船に乗せたらとの答えを聞きながら思いついたように答えてくれたのが以下の回答だった。「ソウル近郊のヤンピョンとかチョンピョンというところにちょっとしたドライブに行って素敵なカフェがあるので案内してあげたいと思います。ソウル市内であれば若い子に人気のあるアックジョンドンに連れて行きたいと思います」

しかし、これだけ考えるということはこの人本当にデートに行く時間がないんだなあと素直な感想を漏らすと「考えてみるとずいぶん長い間デートをしていないですね。ハハハ」

とこれまた素直に返って来た。キメたポーズで男っぽく写真で映るときと、この隙のあるところがギャップがあって男のかわいさがにじみ出る人だなあと思った。

2004年1月

ちょうど『ブラザーフッド』の公開を目前に控えてマスコミへの広報活動に忙しいさなか、ソウルの自身のお気に入りのカフェでのインタビュー。取材陣が待ち受ける中やってきたドンゴンはまず我々に笑顔を向けて、「ちょっと待ってください、まずトイレに」というゼスチャーをして入って行った。やっぱりこの人は全然気取りが無くて、いいなあと再確認。そして改めて「長くお待たせしてしまいました」日本語で「ごめんなさい」と現れた。

ひとしきりインタビューに答えた後、写真のポラロイドにサインをするのだが、そのときの手つきがやさしくて、一枚一枚丁寧にサインを書く姿がこれまた一生懸命で、男性に対して失礼だが、かわいかった。

これ以降中国のチェン・カイコー監督の映画『THE PROMISE-無極-』にもキャスティングされ、久しぶりにメロドラマ演技を披露してくれそうだ。一つ一つを着実に成功させ、どんどん活躍の場を広げているのが頼もしい。