コラム・取材レポ・ブログ

コラム・取材レポ一覧に戻る

ソン・スンホン

※2004年7月発刊「韓国はドラマチック2」(東洋経済新報社)より

『秋の童話』のお兄ちゃんでおなじみのソン・スンホン。端正な顔立ちにくっきりと濃い眉毛がトレードマークだ。

ファッションブランド「ストーム」のカタログモデルでデビュー。偶然このカタログがMBCテレビのプロデューサーの目に留まり『男女6人恋物語』でまじめな大学生の役でドラマデビュー。1996年10月のことだった。

すっきりしたハンサム顔だが、ドラマの演出家などからは「平凡で印象が薄いのでオーディション向きではない顔だ」と評されていた時期があるそうだ。

しかしハンサムと平凡は紙一重、しっかり人気が出て、その後もSBSドラマ『美しい彼女』で、イ・ビョンホン演じる先輩ボクサーと対立するアマチュアボクサー役で、『あなたそして私』では大家族の中の3男坊の役で、順調にドラマに登場。

この『あなたそして私』では、腹違いという出生にコンプレックスを持つ口数の少ない末っ子役で、再会した母親を深く思うナイーブな青年の演技が女性達の母性本能を大いにくすぐり、一気にお茶の間の人気を集め新世代のトップスターとして急浮上した。

そんな彼の映画デビュー作は『ホワイトクリスマス 恋しくて会いたくて(原題:カラ)』。キム・ヒソン、キム・ヒョンジュとの共演だ。寄せられる数十本ものシナリオの中から選んだ理由は「単純なメロドラマを飛び越える時間設定が気に入ったから」とのこと。制作サイドのごたごたで完成が遅れたが、1999年秋やっと公開になった。

確かに本人がいうように、タイムスリップもののファンタジー映画だが、見ているものを心地よく裏切ってくれる展開で、見終わったあとにさわやかさが残る作品だった。スンホンも等身大の普通の好青年を演じていてよかった。

というのも、端正な中にも反抗心が見え隠れする顔をしているせいか、「かげりのある、優秀で冷たい人物」を演じることが多かったのだ。

ドラマ『Happy together』は、まさにそれ。貧乏な生活から猛勉してはい上がってきた影のある検事役で、約束された将来のために長く付き合ってきた恋人と別れて金持ちの娘との結婚を決意するが…、という役どころ。スーツ姿にオールバックの髪型。きりりとした眉に涼しげな目元。そんな彼が眉間にしわを寄せて恋に悩む姿はそれはそれはかっこよかった。

ボディービルが趣味というだけあって、ドラマの中でプールで泳ぐシーンでは、薄い顔なのに厚い胸板で思わずどっきりしてしまった。スンホンの格好良さがいっぱい詰まった作品でおすすめ。

ところでこのドラマで義理の兄役のイ・ビョンホンに憎しみを抱く役回りだが、実生活では大の仲良し。『美しい彼女』にスンホンが出たときに、ビョンホンがいろいろと面倒を見てくれたそうで、それ以来の‘ヒョン(兄貴)’‘トンセン(弟)’の間柄だそうだ。

『秋の童話』のおかげでアジア各国で大人気、香港映画『クローサー』にもチョイ役だが出演している。

2003年には『秋の童話』のユン・ソクホ監督の新作ドラマ『夏の香り』に再登板。髪を茶色く染め、ゆるいパーマをかけるというイメチェンをして臨んでいる。

2004年は映画『氷雨』でスタートを切った。雄大な雪山を舞台に、先輩スター、イ・ソンジェとキム・ハヌルを挟んでメロドラマを繰り広げる青年を好演していた。

映画ではまだこれといったヒット作が出ていないのが歯がゆいところだが、麗しい美青年からどんどん男っぽい魅力が増してきているので、この先楽しみである。