コラム・取材レポ・ブログ

コラム・取材レポ一覧に戻る

キム・ヒソン

※2004年7月発刊「韓国はドラマチック2」(東洋経済新報社)より

韓国が誇る美人女優。韓国に美人は多けれど、韓国中の女性が憧れているのがこのキム・ヒソンの顔である。

早くも高校時代からテレビの歌番組のMCでデビュー。ドラマでは新世代タレントらしく、少々気の強いがんばり屋といった役がはまり役。『プロポーズ』では粘土細工の作家を夢見るはつらつとした女性役で、ここでのポンポンと弾むようにおしゃべりが出てくる感じなどは普段の芸能番組で見られる地の姿と重なる。

そうかと思えば、一転けなげな薄幸のヒロインなども数多く演じており、特に『この世の果てまで』では、孤児院出身の少女が強引な男に迫られて本当に好きな男性となかなか結ばれないまま不治の病にかかっていくという、これでもかというかわいそうな役をはかなげに演じて視聴者の涙を誘った。『グッバイ・マイ・ラブ』もやはり白血病にかかる役。美人薄命というが、線も細いので病気の役も似合ってしまう。

とにかく出演ドラマは常に高視聴率をマーク。「テレビドラマの視聴率クイーン」としてお茶の間では絶大な人気を誇っている。

その一方で不思議と映画ではなかなかヒットに恵まれなかった。

『敗者復活戦』は恋人に振られた女と男が復讐を画策するうちに振られたもの同士が恋に落ちると言うロマンチィックコメディー。韓国美人の代名詞キム・ヒソンと韓国美男の代表チャン・ドンゴンの二人がなんと振られた男女として出てくるという説得力に欠ける(?)人物設定がいけなかったのだろうか?二人とも無理のない等身大の男女に扮してかわいらしい恋物語を演じているのだが、興行的にはぱっとしなかった。

次の『チャグイモ』もいまいちで、テレビのスターが映画で成功するのは難しいという例えにいつも名前が挙がっていたほどだった。

しかし、2000年にちょっとした転機がやってきた。まずは韓国の大人気漫画を原作に香港のワイヤーワークを駆使した新感覚武侠ラブストーリー『アウトライブ飛天舞』に出演したことだ。ここでは愛した男のために剣を手に復讐に臨む悲恋の女主人公を演じたのだが、古代の衣装に身を包み、舞い踊るキム・ヒソンの姿はそれはそれは美しかった。顔がアップになるシーンなどはまさに息を呑む美しさ。わがままだとか、扱いにくいとかいろいろと噂されるが、これだけ美しかったら許しちゃうだろうと思うほどだ。

キム・ヒソンが出た映画としては初めてヒットを記録した。しかし彼女の演技は評価されぬまま。韓国は演技には厳しい。だが、この映画がきっけけで彼女は中国で大人気となっていくのである。

もうひとつはヌード写真集を巡って出版者とトラブルになったこと。これは、写真集の撮影に外国に行った際、キム・ヒソンが事前に同意していないにもかかわらずヌード写真を撮る事を強要されたとキム・ヒソン側が主張して、言論を騒がせた事件だ。

裁判の末、結局はキム・ヒソン側の言い分を認める形で写真集は出版差し止めとなったが、こんな騒ぎを起こすところもまさに「ザ・スター」だ。

この経験を経て一皮向けたようで、2001年から映画『ワニとジュナ』で演技復帰したが、この作品に取り組む真摯な姿勢は以前とは全然違ったという。同居している男性と義理の弟への愛に揺れる微妙な女心をしっとりと演じていて、成熟した女性の味が出るようになっていた。そしてここでの彼女も飾らない美しさが際立っている。彼女の顔を見ているだけでも価値があると思わせる、そんな美しさだ。淡い水彩画のような瑞々しさが漂っている。

『やまとなでしこ』のリメイク版にも出演。韓国の松嶋菜々子に当てはまるのはキム・ヒソンなのだ。