コラム・取材レポ・ブログ

コラム・取材レポ一覧に戻る

キム・ソナ

※2001年4月発行「韓国エンターテイメント三昧vol.2」(芳賀書店)より

健康美の枕詞が付くはつらつ美人。小学校を卒業後家族と共に日本で暮らしている。日本で中学、高校、大学にも進んでいるので、日本語はペラペラ。今後の日韓両国での活躍に最も期待がかかる人である。ドラマ出演は『愛と成功』や『ラブストーリー』などの助演から始まって、『好き好き』で主役の座を射止めた。『ラブストーリー』はイ・ビョンホンやイ・スンヨンらと共演した「ひまわり」編。同僚のイ・スンヨンを心配してあれこれ世話を焼くうちに事件に巻き込まれて…という役どころがキム・ソナだ。暗いストーリーの中で明るさを振りまいて、出番も多かった。弾けんばかりの明るさが魅力で、CFへの出演も多い。ピザハットのCFに彼女が出るようになってからピザの売り上げも増えたそうだ。

2001年はチャ・インピョやキム・ヘスと共演の『黄金時代』で東京留学から帰ってきたピアニストの財閥令嬢に扮する。東京育ちで、アメリカの音楽大学でピアノを専攻していた彼女にとって、この役設定はまさに彼女そのもの。明るくてセクシーというこれまでの魅力から愛に葛藤するキャラクターを演じるという。