コラム・取材レポ・ブログ

コラム・取材レポ一覧に戻る

キム・ジョンウン

※2004年7月発刊「韓国はドラマチック2」(東洋経済新報社)より

アナウンサー界を描いた『イヴのすべて』でチェリムやキム・ソヨンらの先輩アナウンサー、ジュヒ役が印象に新しい。厳しいけれど、余裕があって堂々としていて、いろいろわきまえた大人のいい女という感じですごくよかった。

が、実はこの人、バリバリの美人顔だし、ジュヒ役からは想像もつかないだろうが、今をときめくコメディエンヌ女優なのである。何もコメディアンというわけではなく、正統派の女優なのだが、なんかどこかコミカルな味を感じさせるのがこの人の持ち味なのである。

過去の出演作をひも解いてみると、インパクトが強かったのはドラマ『ひまわり』での剃髪姿での登場だ。看護婦として働いていたときに赤ちゃんを誤って死なせてしまったという罪の意識から精神病になり、精神科に入院している風変わりな患者役。研修医役のチャ・テヒョンに手術患者と間違えられて髪の毛を剃られてしまうという設定で、以降、何かというとチャ・テヒョンに絡んでいくのだが、この助演者同士のコミカルコンビがヒットして、その後2人で組んだ携帯電話のコマーシャルでも大いに知名度を上げた。

それまではキム・ジョンウンという存在が大きく注目されるような役は回ってこなかったが、この『ひまわり』での演技以降、美人で、演技もできる女優と認められ始めた。この剃髪に関しては雑誌のインタビューで「周りの人があまりにも驚いたので、逆に自分もとまどってしまった」と答えている。親御さんも元もとタレント活動に反対していただけに、怒られてしまったのだそうだ。

MBC25期。番組のレポーターとしてタレント活動をスタートさせた。キム・ジョンウンの存在を知るようになってから改めて以前よく見たドラマを見返すと、そういえばこんなところにも出ていたんだとちょい役で出ていた頃を発見したりする。

ドラマデビューとなった『星に願いを』ではチャ・インピョとチェ・ジンシルのつとめるアパレル会社の受付嬢で、もうこの時点からしてコミカルな味を醸し出していた。

『この世の果てまで』でもキム・ホジンの婚約者としてちらりと顔を出している。気の強そうな美人顔であるから、ドラマ『涙が見えないように』などでの‘ヒロインの思い人の婚約者’というタカビーな気位の高い役を演じさせるとばっちりはまるが、『ひまわり』や『明日に向かって撃て』などでのどこかちょっと抜けた感じの白痴美人を演じさせてもぴったり来る。

素顔はすごく気さくで自然体な人らしく、トークショーやバラエティー番組でも大口を開けて体を大きく反らしながらケラケラと笑う飾り気のない人で、かなりのおしゃべり好きと見た(笑)。

2000年はついに日々ドラマ『あなたのために』で初の主役となった。残念ながら視聴率的にはあまりヒットしなかったが…。

ラジオのDJもやっていて、これがすごく楽しくてのめり込んでいるそうな。きっとこの人とおしゃべりすると楽しいに違いないと思わせる暖かみが感じられる。

『面白い映画』という、これまでにヒットした韓国映画の数々をパロディーにした映画でキム・ジョンウンは『シュリ』でいうキム・ユンジンの北朝鮮の女スパイを演じているのだが、その思い切ったまでの体当たり演技は笑いも誘うが、良くぞここまでやるなあという尊敬の念もこみ上げてくる。

『家門の栄光』でも極道一家の娘役で、エリート青年に恋をする姿がコミカルで可愛かった。この作品はその年の興行成績第一位に輝き、目下キム・ジョンウンはコメディエンヌの星である。