コラム・取材レポ・ブログ

コラム・取材レポ一覧に戻る

1月のミュージカルツアーのご案内

 

来年1月19日(金)~21日(日)で

ミュージカルツアーを行うことになりました。

お一人さまでも、
これまで全く韓国ミュージカルを見たことがない方でも
楽しめることは請け合います!

参加年齢も様々で、
これまで30代~70代の方にご参加いただいています。

このツアーでは、作品の内容を
詳しく事前に私が解説しますので
韓国語が分からなくても十分理解できると思いますし、

なんといっても
超絶歌の上手い俳優たちの
情熱的な演技、パフォーマンスを前にして
言葉の壁も関係ない感動体験が味わえるのが
韓国ミュージカルの凄いところです。

※前回のミュージカルツアーの様子はこちら

 

今回のメインは、やはり今、
韓国で一番歌が素晴らしい!
といわれている

ホン・グァンホ主演の『ハムレット:アライブ』です。

 

あの古典の『ハムレット』を
韓国で創作ミュージカルとして新しく作り上げた作品です。

インターパークの内容紹介はこちら

 

この夏にVIXXのKENや
BtoBのソ・ウングァンらがやっていた『ハムレット』とは
曲も違うし別作品になります。

 

私は先日見てきましたが、
やっぱりホン・グァンホの歌声は
海を越えて聞きに来る価値があるなあと
つくづく感じました。

まさに、「天が与えた蜜の声」です!

多彩に広がる歌声で、
歌だけでなく、演技もいいんですよ~。

 

ツアーで観る日は、
日本の『レ・ミゼラブル』でジャン・バルジャンを演じた
ヤン・ジュンモさんも共演の日ですので、
二重のお楽しみがある舞台となっています。

 

そして2本目は

トルストイの名作をミュージカル化した
ロシアミュージカルの世界初演『アンナ・カレーニナ』です。

インターパークの内容紹介はこちら

 

子供を持つ貴婦人が若き将校と恋に落ちてしまい~
という言ってみれば不倫劇です。

『アンナ・カレーニナ』はこのツアーの数日前の開幕なのですが、
芸術の殿堂30周年記念の舞台であるという力の入り具合と
ロシアの舞台のトレーラーを見る限り
豪華で素敵な舞台になりそうなので

その期待を込めて是非この機会に
みんなで見たいなあと思って決めました。

私は前乗りして解説できるように
何度か見ておこうと思います。

 

20日の夜公演の
チョン・ソナ&ミン・ウヒョク バージョンを観ます。

チョン・ソナは『ドラキュラ』『デスノート』など
ジュンスとの共演も多いので
ジュンスファンにはおなじみの女優さんですが、

歌うま女優の中でもトップクラスです。

またミン・ウヒョクさんは、
つい先日日本でコンサートをしたばかりですが、
韓国ミュージカル界を代表する美男子俳優で、

『アイーダ』『ベンハー』で彼を見て
落ちた女子は数しれずの魅力の持ち主です。

堂々たる体格なのでさぞかし軍服が似合うことと思います。

 

20日は午前中に夜見る作品の解説をして

お昼を含めた午後は

バスで大学路に向かい、
皆さんで大学路でご飯を食べて、

そのまま、演劇の街といわれる、
中小の劇場がひしめく大学路をご案内します。

寒いのであまり歩かず、チケットセンターなど、
今後皆さんが大学路に見に行かれる際に
覚えておいた方がいい場所、
利用の仕方などを
ピンポイントでご紹介します。

※ 大学路まで行かず自由時間にしたいという方は
旅行社にご相談ください。

 

そのあとは大学路で話題の舞台を見るもよし、
その他の作品を見るもよしで自由です。

大学路の作品は舞台と客席との距離が近いのが醍醐味で
大劇場作品とはまた違った楽しみが味わえます。
実際に何か作品を大学路で見てみるのも
面白いですよ!

いずれ、どんな作品を見たらいいかは私にご相談ください。

席にこだわらなければ、前もって予約するより
その時の気分で決められた方がいいと思います。

あまりにも人気の作品はこの限りではありませんが。

 

また、同じ作品を再び見る場合は
再観覧割引があるかもしれないので
前に見た時のチケットは持参した方がいいです。

 

 

  • また、日本発着プランこちらです。 

今回は東京だけでなく、名古屋、大阪プランもあります。

募集が始まりましたので
ご興味ある方はお早めに旅行社の方にご連絡ください!
先着順ですので。

では、ツアーでご一緒できるの楽しみにしていますね~。

 

※前回のミュージカルツアーの様子はこちら

 

2017年12月5日執筆