コラム・取材レポ・ブログ

コラム・取材レポ一覧に戻る

韓国ミュージカル

大学路にもっと観光客を呼ぼう!

記事の転載はご遠慮ください

 

9/28日に韓国観光公社の主催で

「大学路と公演観光活性化のための国際セミナー」が

ソウルで開かれまして、

私は日本代表として発表をしてきました。

 

場所は大学路の『あなただけ』の専用上映館となっている

JTNアートホールという劇場で行われました。

なんでも今回が初めての試みだそうですが、

私はかねてから、ミュージカルこそ、

韓国へのリピーター客を増やす最も良いコンテンツだと

思っていました。

なにせ、ドラマや映画と違って、舞台は生もの。

日本にいては見られないので、

韓国に来るしかないですし、

ハマると毎月のように通ってしまいますからね。

 

そんな人が私の周りには続出しているので

みんな韓国ミュージカルの魅力を知りさえすれば

強力なリピーター観光客になるに違いないと確信しているんです。

 

なので

観光観光公社がこうしたことに乗り出してくれて

我が意を得たりという感じで喜ばしく思った次第です。

 

セミナーには文化体育館後部、韓国観光公社、旅行会社、

公演会社オンラインマーケティング担当の方々が参加。

 

文化芸術委員会の方や大学の観光科の教授、

インターパークの方が発表したりし総合討論なども行われました。

まだまだ公演の収録が一般的でない現状で、

試みとして行った公演のライブ放送が好評で

思いのほか集客効果があったことや、

インターパークの話でいえば、

なんとインターパークグローバルの購入者の中で

英語圏、中国語圏に比べて

日本人は7割以上を占めているということなどが話されました。

 

 

私は第二部の海外からの視点という観点で、

「日本における韓国ミュージカルの現状と試み、そして提言」

というタイトルで発表しました。

1人の持ち時間は20分だったのですが、

質問がけっこうありまして、

さらに20分くらい質問タイムになってしまいました。

やはりみなさん日本の動向に興味を持っているんだなあと感じた次第です。

発表内容は

 

現在日本で様々な形で

韓国ミュージカルが紹介されている現状と

その結果をまとめ、

結論として、

日本での韓国ミュージカルマーケットは

まだとても小さいけれど、

ハマった人たちは深く熱くはまり込んでいくので、

この数を増やしていくことが今後の課題ということを

伝えました。

 

韓国ドラマの時もそうでした。

すごく面白いのに、ブームが来る前は

見る手段も限られていましたから

ごくごくマニアしかその面白さに気が付いていませんでしたが、

知ってみればこんなにブームになりましたもの。

ミュージカルに関しても同じだとかなり自信を持っています。

 

ただ、ミュージカルは、

日本に居ながらにしてその魅力に気が付くのは難しいというのが

広がりにくいところなんですよね。

 

そこで、日本で韓国ミュージカルファンを増やすための提言として

上げたのが以下のことです。

 

まずは上映会やライブビューイング、テレビ放送などで

韓国ミュージカルのクウォリティーの高さを

気軽に知ってもらうことが有効ではないかということ。

 

特に大学路の創作ミュージカルに関しては

日本人客にとっては言葉の壁が高いので、

こうした上映会をプロモーション的に日本でやって、

それから生の舞台を見に行く気持ちになってもらう

という方法は効果的だと感じています。

 

また、韓国の歌うまミュージカル俳優たちを引き連れて

日本で韓国ミュージカルショーケースのようなガラコンサートを

観光公社などが主体となって無料で行って、

韓国俳優たちの歌の凄さを知らしめるということ。

 

以上がまだ韓国ミュージカルについてよく知らない人向けの提案です。

 

そして、

既存の韓国ミュージカルファンをさらに取り込むための提案としては、

外国人にも現地の韓国人と同じようにチケットの割り引きを

ネットでの予約段階で適用してほしいということ。

 

そうすればそれまで1回しか見なかったところを

2回、3回観てみようという気持ちになるし、友達も誘いやすい。

ひいては布教しやすくなりますからね。

これが日本の韓国ミュージカルファンの切実な願いですと、

強調しておきました!

 

あと、もうこれは文化の違いという感じですが、

日本人は2か月近く前から会社に休みを申請して

飛行機押さえて予定を立てる人が多いので、

韓国式の、チケットオープンの日に

キャストスケジュールが出るという慣例には

なかなかついていけないので、

もう少しいろいろ早く発表してくれたら予定が立てやすい。

海外市場も視野に入れるのなら

そこを改善してくれることをお勧めします~。

 

ということを発表しました。

少しでも効果があればいいけれど……。

 

今回は大学路の公演で観光の活性化をということでしたが、

正直、アイドルが出演する作品を除けば

まだ日本の観客の多くは

そこまで追いついていけていないのが現状なんですよね。

 

大学路では優れた韓国のオリジナル作品が多いですが、

言葉の壁があるし、オリジナルだと予習しづらいですからね。

私自身も初心者にはやはり大劇場のミュージカルをお勧めしてしまいますもの。

 

なので、いきなり大学路へというよりも、

まず大劇場で韓国ミュージカルの魅力に目覚めてもらい、

その次の段階で大学路の作品へ足を延ばしてもらうという感じが

スムースかもしれないです~と言うことも付け加えておきました。

 

ちなみに、

香港のコラムニストの方が

「香港で見た韓国公演観光現況と提言」

を話されましたが、

香港ではノンバーバルミュージカルだけで

まだそれ以外のミュージカルは上演されていないとのことで

やはり日本とはずいぶん趣向が違うのだなと感じました。

 

 

ところで、

私、パワーポイントを使ってプレゼンするのって

実は初めての経験だったんです。

 

いつもはトークショーだったりするので

自分で操作したことがなくて(汗)。

 

なので、今さらながらだったのですが、

ほかの方が写真を使って見やすく作っているのを見て

文字ばかりの自分のプレゼン原稿を反省。

なるほど、そうすればいいのね~と

遅まきながら学習したのでありました。

 

でも私のあとに発表した香港のコラムニストの方も

やっぱり文字ばかりで、

だよね~我らフリーのライターは

プレゼンとかする機会ないものね、

つい文字ばかりになっちゃうわよね~と

親近感が生まれたのでした(笑)。

 

ま、写真が無いぶん熱く語ってきましたけど。

 

あ、もちろん日本語でしゃべりました!

私の後ろのブースで同時通訳者が

私の日本語を韓国語に訳して、

参加者はイヤホンで聞く方式です。

私は気持ちが入ると早口になるので

通訳の方はさぞかしご苦労されたことと思います。

これも反省~(^-^;。

 

 

2017年10月11日執筆